創業融資の代行でスタートダッシュ

「創業融資の準備が進まない…」

そんな、創業前後の方へ

\ 創業融資を”マルっと頼れる” /

創業融資代行サービス


自分でやるより100倍
「楽で」「確実で」「早い」!

創業融資の代行・コンサルティング

銀行・日本公庫の創業融資を調達!
経営者を「資金繰り不安ナシ」「本業へ集中できる」未来へ導きます!

\ 【人数限定】毎月5名まで|今すぐ無料相談を!! /

他サービスとの違い3点他の創業融資代行サービスとはココが違う!

1.「元銀行員」などの創業融資のプロだから成果が段違い!

自分で資金調達活動をしていたのがバカらしい…」と思うほど、プロに頼むと資金調達活動が成果も段違いです。資金調達を代行するプロは、元銀行員や元公庫職員、その他金融機関出身者など、「融資をする側」の気持ちや事情を知っている創業融資コンサルタント!ご相談者様のニーズとを合わせて、最適な創業融資コンサルタントをご紹介いたします。

2. 業界騒然の良心価格!
かかる費用は“成功報酬のみ”

こんなにやってくれるのに、費用はこれだけでいいの…?」と思うほどの質の高いサービス。しかも、余計な費用は「0円(無料)」です。
資金調達が成功した時のみ成果報酬をいただくという、業界最安値クラスのサービスです。また、ご利用にあたって回数制限などもございません。

3. 金融機関への「提出書類」〜「面談対策」もラクラク!

面倒くさがり、融資初心者のあなたでも大丈夫!」。資金調達に必要な、金融機関(銀行)との提案ややり取り助言、面談対策までを全て創業融資コンサルタントに頼ることができます。

だから、面倒くさがりなあなた融資が初めてのあなたでも安心して資金調達を始めることができますよ!

\ 【人数限定】毎月5名まで|今すぐ無料相談を!! /

こんにちは、中小企業の融資代行プロです。私たちは日々、「独立をしたい」「会社を設立したばかり」という経営者や個人事業主/フリーランスの方に向けて、資金調達(融資)の代行サービスを提供しています。

これまで、数えきれないほどの資金調達をお手伝います。例えば…

創業融資代行の実績ご紹介多くの実績一部です

業種・業態  : 建設業

資金調達期間 : 3週間

資金調達金額 : 700万円

資金調達目的 : 運転資金として

業種・業態  : 飲食業

資金調達期間 : 3週間

資金調達金額 : 500万円

資金調達目的 : 開店資金として

業種・業態  : システム受託開発業

資金調達期間 : 1.5ヶ月

資金調達金額 : 1,200万円

資金調達目的 : 運転資金として

業種・業態  : スクール業

資金調達期間 : 1ヶ月

資金調達金額 : 700万円

資金調達目的 : 運転資金として

業種・業態  : リサイクル業

資金調達期間 : 1ヶ月

資金調達金額 : 800万円

資金調達目的 : 設備投資資金として

業種・業態  : 水産業

資金調達期間 : 1ヶ月

資金調達金額 : 1,500万円

資金調達目的 : 設備投資資金として

業種・業態  : 飲食業

資金調達期間 : 3週間

資金調達金額 : 500万円

資金調達目的 : 開店資金として

業種・業態  : イベント業

資金調達期間 : 3週間

資金調達金額 : 300万円

資金調達目的 : 運転資金として

など、それこそ挙げたらキリがありません。

このように多種多様な資金需要、また、業種や業界の資金調達にかかわってきた私たちだから分かることがあります。それは、経営者と資金調達先の金融機関の間には、大きな壁・すれ違いが存在しているということです。そしてこの壁やすれ違いによって、本当に大多数の経営者は資金調達に失敗しているのです。

こんなお悩みありませんか?
– 創業融資でよくあるお悩み –

  • 「初めての資金調達で、何から手をつけるべきなのかわからない…」
  • 「なぜか銀行が融資をしてくれない(理由がわからない)…」
  • 「知り合い・社内の人に融資(財務)に強い人材がいない…」
  • 「資金調達の手続きや書類作成が面倒で、本業に集中できない…」
  • 「いくら融資してもらえるか、相場が全くわからない…」
  •  「顧問の税理士はいるが、資金調達には協力してくれない…」
  • 「資金調達を任せるにしても、誰に任せるべきかわからない…」

こんなこと、していませんか?
– 創業融資でよくある間違い –

「創業・独立したばかり」「これから独立する」あなた、これまで一般的とされている、下記のNG行動リストをしようとしていませんか?

創業融資でやりがちな”NG行動リスト”


  1. 知り合いの税理士会計士に、創業融資を相談する
  2. 「まずは相談…」と1人でアポなしで銀行に相談しにいく
  3. 取引もない金融機関にアポを取ってしまう
  4. 「詳しいことは銀行担当者に聞こう」と事前準備なく臨む
  5. 借りれるだけ借りよう」と創業融資に臨む
  6. 創業事業の前後のつながりを意識せずに融資を受けようとする
  7. 数値の根拠が完璧になる前に創業融資に臨む
  8. 完璧な事業計画書を用意する前に、創業融資に臨む

創業融資で、こんなことしていませんか?

上記は、失敗する資金調達例のほんの一部です。(実際には、これ以上のNGリストがあります)

まだNG行動をしていない人は、このサービスに出会えてラッキーです。

残念ながらこのNG行動をしてしまうと、ほぼ確実に希望通りの創業融資はできません。それどころか、創業融資のやり直しする機会すら与えてもらえなくなります。

本当なら、商品サービスづくりやマーケティングのことを考えたいはずなのに、それを知らないばかりに、創業融資の対応中は「資金調達のことで頭がいっぱい…

しかも、どれだけ頑張っても、ちょっとNG行動をするだけで創業融資は失敗します。私たちは、こんな失敗をしてしまう経営者をたくさん見てきました

実は創業融資が上手くいかないのは、金融機関独特の「決まり」「お作法」の金融機関のルールを知らないことが原因なのです。

そして、創業前後の資金調達が難しいのも、何を隠そう、金融機関のルールを知らないからなのです。

ただし、金融機関のルールに精通した人間が正しく創業融資をおこなえば、実は比較的、誰でも調達をすることは可能なのです。(もちろん、通常の資金調達でもこの経験は活かせます)

\ 【人数限定】毎月5名まで|今すぐ無料相談を!! /

もしもスムーズに
創業融資が調達できれば…

「どうすれば良いんだ…?」という迷いが “スッと消える”

資金調達に「時間」を取られることが無くなる

資金調達がスムーズに完了し、資金(お金)の心配がなくなる

商品やマーケティングなど “事業活動だけ” に専念できる

あなたには、こんな未来が待っています。

創業・独立のタイミングは、経営者にとってはとても重要です。新たな船出の一発目は、できれば失敗せずにスタートしたいですよね?

できれば多くの経営者に、この悩みや課題を解決してもらい、少しでも「楽に」「早く」「確実に」資金調達をしてもらいたい。

そして、1秒でも早く、資金調達以外の本業に集中できる未来に向かって欲しい

だから今回、金融機関のルールを突破し、資金調達を楽にする「創業融資の代行サービス」を提供したいと思っているのです。

創業融資の代行サービス
– 自分でやるより”楽”で”確実” –


融資代行プロ」が

創業融資で選ばれるワケ17選


” 超厳選 “融資のプロ人材のネットワーク

余計な費用「 0 円 」良心価格の“成果報酬のみ”

創業融資書類作成支援「 0 円 」

創業融資情報収集/提供「 0 円 」

創業融資面談対策も「 0 円 」

創業融資面談同行も「 0 円 」
※同行をお約束できるものではありません

資金繰りの不安が「0(ゼロ)」

創業融資の面倒が「0(ゼロ)」

創業融資の総額が増える

創業融資実行までの時間が短縮

金利優遇の可能性UP

創業融資時間と作業が減る

最短即日でご対応、ご連絡

24 時間、創業融資相談の受付

全国の創業融資に対応

法人個人/フリーランスでもOK

ラクにスグに創業融資ができる

\ 【人数限定】毎月5名まで|今すぐ無料相談を!! /

\ こんな方に特にオススメ/
– 創業融資代行サービスを使うべき方 –


  • 初めての資金調達で不安…」方
  • なぜか銀行が融資をしてくれない」方
  • 知人に融資に強い人材がいない」方
  • 「創業融資で本業に集中できない」方
  • 「融資の相場がわからない」方
  • 「顧問税理士が融資に詳しくない」方
  • 自分の顧問先の融資を支援して欲しい」税理士・会計士・コンサルの方

※成果報酬かつ、業界最安値クラスのサービス特性上、資金調達の成功を確約できるものではありません。そのため、下記のような方は、今回はお申し込みをお控えください

  1. 絶対に成功させろ!」と、威圧的な態度をとられる方
  2. もっと安くしろ!」と、当サービスの利益を更に損なう要求をされる方
  3. あれもこれもやってくれ!」と、関係ないことまで丸投げする方
  4. ビジネス活動で、最低限の敬意を払えない方

\ 【人数限定】毎月5名まで|今すぐ無料相談を!! /

「創業融資は面倒くさい…」
正直、そう思いませんか?– 創業融資はプロに代行してもらいましょう –

創業融資の代行サービスであなたが
「受けられるサービス内容」&「得をすること」

創業融資の「書類作成支援」/「代行」
創業融資で銀行などの金融機関に提出する書類は、種類が多く、内容も多種多様で煩雑。正直、あなたが本業と兼務しながらではなかなか対応は難しいでしょう。創業融資コンサルタントなら、書類準備や作成に慣れているため、効率的な方法を助言できます。あなたがやることが無くなるくらい楽に資金調達ができるようになりますよ!
創業融資にかかわる「情報収集の代行」と「提供」
融資にまつわる情報は、金融機関ならではの専門用語も多く、言い回しも難しいので慣れていないと正確な情報を把握するだけでも一苦労。でも、創業融資コンサルタントが、あなたの代わりに融資情報の収集を代行しますので、あなたはその情報提供を待っているだけでOKです「正確で」「早急な」融資の実行を強力支援します!
金融機関との「提案」や「やり取り」を代行
融資にまつわる情報は、金融機関ならではの専門用語も多く、言い回しも難しいので慣れていないと正確な情報を把握するだけでも一苦労。でも、創業融資コンサルタントが、あなたの代わりに融資情報の収集を代行しますので、正確で早急な融資実行を強力支援します!
融資面談の「助言」
通常、融資を引き出すには金融機関の担当者や金融機関の支店長と面談することになります。この時に、「何を伝えるべきなのか?」、「何を言ってはいけないのか?」不安ですよね。創業融資コンサルタントが、事前に「想定問答」を教えてくれたり、「助言」をおこないますので、あなたはそれに従って当日は流れのままにお任せしているだけで資金調達が完了しますよ!
資金調達(融資)の総額が増える
融資する金融機関は、少しでも懸念・不足材料があると融資実行はしてくれません。創業融資コンサルタントが、事前にそんな事態を回避してくれます。
金利の優遇が受けられる
創業融資コンサルタントに任せて「金融機関からの融資で使える制度を使う」「正しいアピールをする」だけで金利優遇を受けられる可能性が上がります。
創業融資にかかわる「時間」と「実務作業」が大幅に減る
不慣れな融資の作業は効率も悪いため、あなたの大事な時間を膨大に潰します。「餅は餅屋に」の精神で、融資は創業融資コンサルタントに任せてラクしませんか?
これだけ業務も代行してくれて…成果報酬のみ
あなたに代わって、資金調達のアドバイスやサポートだけでなく、作業の代行までおこないます。これにより、あなたは資金調達活動を「かなり楽に」かつ、「素早く」「より確実に」進めることが可能になります。

創業融資代行サービスの
価格

サービス価格はいくら?

[ 数量限定 ]
成功報酬わずか5%

なぜ破格で提供するのか?

今回の「融資代行サービス」ですが、

多くの創業者(挑戦者)の資金調達でのつまずきを減らしたいという理由で、

資金調達成功額の5%(税別) に加えて、「経営感度の高い経営者は、みんな欲しがる特典プレゼント」をさせていただきます。

これを高いと思うか、安いと思うかはそれぞれですが、少なくとも、ここまで資金調達の作業を代行(丸投げ)できるサービスを、この価格で、しかも、特典までつけて提供しているのは私たちだけだと思います。

ちなみに、今回の価格を知り合いの経営者に相談したところ、

いやぁ…そこまで代行するのに、それはさすがに安過ぎるんじゃないの…?

と言われました。


しかし「少しでも創業する方々のお役に立ちたい」という理由で、今回はこの価格で、期間限定でご提供することを決意しました。

申し込み方法は簡単。

創業資金調達の代行サービス、および、特典プレゼントを受け取るには、下(もしくはこのページ各所)にある【無料】「資金調達の相談」ボタンをクリックして必要事項に入力するだけ。
クリックすると最短30秒で入力が完了する問い合わせフォームが立ち上がりますので、必要な項目を入力して送信をしていただくだけで申し込みは完了します。

ちなみに、相談だけなら費用は発生しませんので、ご安心ください。

その後、3営業日以内に担当者からご面談のご案内メール(もしくは電話)が届きますので、まずはあなたのご状況をヒアリングさせていただきます。

\ 【人数限定】毎月5名まで|今すぐ無料相談を!! /

【無料】ご相談の申込み

ご利用の流れ

STEP

無料 ご相談フォームからお問合わせ

必要事項を送信後、弊社の担当スタッフからお客様へメール(もしくは電話)でご連絡をいたします。
※丁寧に対応するため、毎月先着5名までしか無料相談は対応ができません。お早めにお申込みください。

STEP

無料 担当スタッフとご面談

元銀行、元日本政策金融公庫の創業融資スタッフがあなたとご面談をいたします。ご面談中では、創業融資にまつわるヒアリングやサービスのご案内、今後の進め方のアドバイスをさせていただきます。

もし「一緒に進めたい」と思われましたら、ご契約の意志をスタッフにお伝えください。

STEP

無料 ご契約手続き

弊社のサポートスタッフより、契約締結のご連絡をいたします。契約は電子契約を採用しておりますので、メールで簡単に契約が完了できます。(ものスゴく簡単です)

STEP

無料 創業融資の活動開始!

お客様と創業融資の担当スタッフの二人三脚で、ご希望の資金調達を行っていきます。

担当スタッフがあなたをリードしてくれるので、安心ですよ。

STEP

完了 創業融資の完了

資金調達が完了し、調達先から着金があり次第、成果報酬のご請求をさせていただきます。

\ 【人数限定】毎月5名まで|今すぐ無料相談を!! /

創業融資支援ですが…
場合によっては、お申し込みできません

このサービスは、「創業してしっかりビジネスを伸ばしたい!」という経営者や個人事業主に向けたサービスです。そのため、あなたをサポートをさせていただくために、私たちも時間と手間をかけてサポートをしてきます

時間と手間がかかるサービスの特性上、毎月そこまで多くのお客様のサポートをするのが難しいため、毎月先着5名の方にだけサポートをすることにしております。そのため、もし先着5名からモレてしまった場合は、(お急ぎのところ大変申し訳ありませんが…)翌月以降のサポートとさせていただきます。
※もし「それじゃスピードが間に合わない!」という方に関しては、申し訳ありませんが、お申し込みをお断りする形となってしまいます

経営者・個人事業主のお一人お一人に、しっかりサポートしていくための私たちの「こだわり」のため、ご容赦いただけますと幸いです。

\ 【人数限定】毎月5名まで|今すぐ無料相談を!! /

よくいただくご質問(Q&A)

「中小企業の融資代行プロ」を利用するのに、費用はかかるのでしょうか?

余計な費用は「¥0(無料)」です。この業界によくありがちな、「着手金」「相談費用」「顧問契約」「事務作業費用」などの余計な費用は、一切発生いたしません。資金調達が成功した時のみ成果報酬をいただくという、業界最安値クラスのサービスです。また、ご利用にあたって回数制限などもございません。

どんな創業融資コンサルタントが担当してくれるのですか?

資金調達を代行する創業融資コンサルタントは、元銀行員や元公庫職員、その他金融機関出身者など、「融資をする側」の気持ちや事情を知っている創業融資コンサルタントばかりです。また、その創業融資コンサルタントの得意分野、得意業種、年齢、経験・実績、所在地などと、ご相談者様のニーズとを合わせて、最適な創業融資コンサルタントをご紹介させていただきます。

どんなところからの資金調達を想定しておけば良いですか?

いわゆる、金融機関(日本政策金融公庫、商工中金、地方銀行、信用金庫、メガバンクなど)からの借入・融資を中心に支援します。また、創業融資コンサルタントによっては、クラウドファインディングやファクタリング、エクイティを支援してくれることもございます。

会社を設立した(むしろ独立前)ばかりなのですが、資金調達(融資)は可能でしょうか?

会社設立直後であっても、融資を受けることは全く難しくありません。むしろ、正しい金融機関を選び、正しい書類作成を行えば、創業後すぐの方が融資は受けやすいものです。通常の金融機関(銀行など)は融資審査の8割ていどは決算書に依存しますので、創業後1〜3年の安定しない決算書で判断される前に融資を受けてしまうのがベストな資金調達方法なのです。

法人ではなく、フリーランス(個人事業主)ですが、大丈夫ですか?

全く問題ございません。法人様と変わりなく、サポートさせていただきます。

資金調達(融資)希望額が200万円と少額です。それでも相談は可能でしょうか…?

可能です。500万以下の比較的少額の融資の場合は、スピーディーにかつ可能な限り審査が下りるようご対応します。遠慮なくご相談ください。また、500万以下の場合は、信用情報が多少悪かったり、自己資金が少ない、あるいはゼロでも通ることが多いので、遠慮なくご相談ください。

事業計画書は自分で用意する必要があるのですか?

簡単な事業計画書(1~2枚程度)は、もちろん作成支援をさせていただきます。

一方、かなりのボリュームが必要な事業計画書の場合は、ご自身でご用意いただく必要があります。ただ、オプションで「ヒアリングに答えるだけで事業計画書ができる」サービスもございます。金融機関に事業計画書を提出してきた資金調達のコンサルタントが、あなたに代わって事業計画書を作成いたします。

ほんの一部のお客様ではありますが、「事業計画書も無料でつくって欲しい」とご要望をいただきますが、中小企業の融資代行プロのサービスは「成果報酬5%」という業界の中でも圧倒的最安値(低コスト)で運用しておりますため、ご理解をいただけますと幸いです。

資金調達で必要になる、銀行への提出書類は自分で用意する必要があるのですか?

お客様の状況によって銀行へ提出する書類の種類も数も変わります。

私たちのサービスでは、お客様のご状況や金融機関からの要請によって必要書類リストを作成し、お客様に共有させていただきます。

お客様はリストに従って、決算書や印鑑証明書などの資料をご準備いただければ大丈夫です。

創業融資で資金調達をしたいのですが、自己資金は必要なのでしょうか?

創業融資の場合は、少なくとも融資申込額の1/3(1/10という方もいらっしゃいますが、実際は1/3が線引きラインです)の自己資金のご準備が必要となりますが、自己資金がゼロの場合は、他の対応策がありますので、別途ご提案いたします。

税金を納めていないのですが、資金調達(融資)は可能でしょうか?

税金の滞納状態でも融資申請は可能ですが、滞納状態を解消してから、融資の審査を申請するのがスタンダードな流れです。

まずは滞納状態を解消してから弊サービスにご相談ください

中小企業ではなく、個人事業主です。現在、確定申告をしていないのですが資金調達は可能でしょうか?

あらゆる金融機関(日本政策金融公庫も含みます)でも、個人事業主の場合は確定申告書の提出は必須です。無申告の場合は融資申請自体をおこなうことができません。

ただ無申告であっても、無申告の期間の申告を後からすれば(納税すれば)融資申請が可能です。(審査で不利になることもありません)

まずは納税をしていただき、その後、弊サービスにお問い合わせください。

資金調達の金利はどの程度になるのでしょうか?

0.数%~2%代など、低金利です。(金融機関と、あなたの会社や事業の決算内容などによります)

事業計画を作成してから、資金調達(融資実行)までどのくらいかかりますか?

日本政策金融公庫で資金調達(融資)をする場合、最短で1週間、長くて2か月かかります。民間金融機関で資金調達(融資)する場合は、最短1か月、長くて3か月かかります。

また、「創業融資なのか、通常融資なのか」「プロパー融資なのか、信用保証協会付融資なのか」「融資希望額がいくらなのか」など、いくつかの条件によって期間は変わりますので詳しくはご要望を聞いた後にお話をさせていただくことが可能です。(ご要望を伺うこと、ご相談は無料です)

創業融資で資金調達を希望しています。店舗が必要な事業なのですが、賃貸物件が決まっていなくても融資が受けられますか?

店舗型の事業で資金調達をする場合には、先に物件を決めておく必要があります。まずはお近くの不動産会社にご相談の上、物件が決まったタイミングでご相談ください。

地方の中小企業です。遠方でも資金調達の支援をしてくださいますでしょうか?

もちろん、そのエリアに創業融資コンサルタントがいれば全く問題ございません。

もしご希望のエリアに創業融資コンサルタントがいない場合、Web面談での対応となりますが、ヒアリング、資金調達戦略、融資資料のリストアップ、面談対策などはWeb面談で十分可能です。

また、交通費や別途対応費をいただければ直接面談が可能な創業融資コンサルタントもいますので、ご希望の場合はお気軽にご相談ください。

資金調達を代行していただくにあたり、顧問契約などは必要でしょうか…?

顧問契約は必要ございません。

よく他社では「顧問契約が必要」であったり、資金調達の相談をしたいのに「経理や税務の営業をかけられる」などのお声はよく聞きます。

中小企業の融資代行プロは、純粋な資金調達(融資)の代行サービスになりますので、余計な顧問契約は一切必要ありません。ご安心ください。

創業融資を受けた後も、財務や資金繰り、経営について相談できますか?

もちろん、可能です。創業融資後も、引き続きコンサルティングをご希望の場合は、財務/CFOコンサルティング【御社の社外CFO】をご検討ください。

創業融資代行のお問い合わせフォーム

最短30秒で入力完了

必須 法人名・屋号
※個人事業で屋号がない方はお名前をご記入ください
必須 お名前
必須 メールアドレス
必須 電話番号
※必ず連絡のつく番号(携帯番号を推奨)をご記入ください。
任意 URL
会社や事業内容がわかるURL
必須 都道府県
※開業・創業の所在地を選択してください
必須 基礎情報
※融資審査における、基礎情報のご質問です

税金、社会保険の未払いや滞納について

必須 開業・設立時期
既に開業・設立後の場合は、その日付
必須 事業内容
必須 資金調達の希望額
必須 資金調達の希望時期
任意 ご相談詳細など
※ご記入内容が充実している方から順に、優先的にご連絡いたします
※書ける部分だけで結構ですので、「事業内容の詳細」「資金調達の目的・背景」「資金の使い道」「現在お持ちの資金状況」などをお書きください。
必須 同意事項
予期しない問題が発生しました。後でもう一度やり直すか、他の方法で管理者に連絡してください。

プライバシーポリシー | 特定商法取引法に基づく表記 | その他のサービス

© 中小企業の融資代行プロ(創業融資代行サービス)