中小企業の経営者の代わりに資金調達を代行

国庫、メガバンク、地方銀行出身者多数!

資金調達の超エリート集団が

資金調達相談を

無料で承ります。

※着手金0円の完全成果報酬型なのでご依頼も安心です。

中小企業の「融資代行」なら
中小企業の資金調達プロ.com
お任せください

中小企業の「融資代行」なら
中小企業の資金調達プロ.comにお任せください

日本の税理士・会計士は、
なぜ融資に協力しないのか?​

日本の税理士・会計士は、なぜ融資に協力しないのか?​

中小企業の社長や個人事業主から届く相談の多くは上記のような内容はもちろん、

という、士業の方(税理士や会計士)からの相談も増えています。

なぜ、
税理士をはじめとした士業は
融資活用の支援に
消極的なのでしょうか?

なぜ、税理士をはじめとした士業は
融資活用の支援に消極的なのでしょうか?

理由は簡単です。

 

税理士や会計士は財務のプロではありますが、融資のプロではありません。

 

もちろん融資を実行してもらうためには会社の数字を読み解く能力は必要です。

 

ただ一方で、金融機関への交渉や、融資する側の目線を持つ想像力も同時に求められるのです。

 

さらに銀行側と企業側では見ている場所に大きな違いがあるということも見落としてはいけません。

 

中小企業の社長は、会社の未来や新規事業の将来性をPRしがちですが、銀行は、あなたの会社に融資金を返済できる能力があるかの確実性を見ています。

 

士業の方は数字のプロなので、会社の現状を数字で洗い出すことまではできます。

 

しかし、金融機関への交渉や、融資する「銀行の目線」に配慮した提案はできません。

 

資金調達のプロ.comに所属している融資のエリート集団は、銀行や国庫出身者が多いため、

財務知識もあり、これまでの経験から「融資する側が融資したくなるような提案・交渉」を実現できるのです。

資金調達のプロ.comは確実性だけではなく
あなたの会社の可能性も見ています。

「融資のエリート集団」プロフィール

選りすぐりの「融資の超エリート」達が、

あなたの資金調達を

全面サポートいたします。

選りすぐりの「融資の超エリート」達が、

あなたの資金調達を全面サポートいたします。

銀行で「営業」「融資事務」
「契約審査」も経験した
融資業務のマルチエキスパート


【過去の資金調達実績一例】
<業種> アルミ缶のリサイクル業
<年商(当時)> 60億
<債権額(当時)> 20億
<融資までの期間> 1ヶ月
<融資調達額> 5億
<融資の目的> リサイクル機械の導入のため

都市銀行11年。
製造・飲食・不動産など業界経験多数。
圧倒的な経験持つ融資アドバイザー


【過去の資金調達実績一例】
<業種> 建設業
<年商(当時)> 5億
<債権額(当時)> 3億
<融資までの期間> 2週間
<融資調達額> 5000万円
<融資の目的> 運転資金として

卓越したヒアリング能力を持ち、
社長以上に企業の魅力を理解する
天性の企業融資パートナー


【過去の資金調達実績一例】
<業種> 水産業
<年商(当時)> 40億
<債権額(当時)> 20億
<融資までの期間> 1ヶ月
<融資調達額> 1億
<融資の目的> 新規事業のための設備投資

地銀の営業畑28年。
中小企業の融資の
裏も表をも知る、融資のプロ


【過去の資金調達実績一例】
<業種> 飲食業
<年商(当時)> 5000万円
<債権額(当時)> 2000万円
<融資までの期間> 3週間
<融資調達額> 500万円
<融資の目的> 赤字補填の資金のため

日本政策金融公庫23年の大ベテラン。
日本政策金融公庫からの融資なら
彼の右に出るものはいない


【過去の資金調達実績一例】
<業種> システム受託開発
<年商(当時)> 1.5億
<債権額(当時)> 2500万円
<融資までの期間> 1.5ヶ月
<融資調達額> 6000万円
<融資の目的> 運転資金のため

法人融資営業10年。
建設・不動産・物流・製造業など
多数の業界融資を経験した若手エリート


【過去の資金調達実績一例】
<業種> スクール業
<年商(当時)> 3.8億
<債権額(当時)> 4000万円
<融資までの期間> 1ヶ月
<融資調達額> 4000万円
<融資の目的> 運転資金のため

「融資代行」のサポート内容と手数料

融資はプロに任せて、

あなたは本業に集中しましょう。

融資はプロに任せて、あなたは本業に集中しましょう。

融資書類の作成支援・代行

金融機関に提出する書類は、種類が多く内容も多種多様。本業と兼務ではなかなか対応はできません。
資金調達のプロなら、書類準備や作成に慣れているため、効率的な方法を助言、場合によっては代行も可能です!

融資に関わる情報収集

融資にまつわる情報は、専門用語も多く、慣れていないと正確な情報を把握するだけでも一苦労。
資金調達のプロが、あなたの代わりに融資情報を素早く収集し、正確で早急な融資実行を協力支援します!

融資面談の助言・同席・代行

通常、融資を引き出すには金融機関の担当者と面談することになります。この時に、何を伝えれば良いのか、何を言ってはいけないのか不安ですよね?資金調達のプロが、事前に「助言」「同席」「面談代行」をしてくれます!

中小企業の資金調達プロ.comは

資金調達成功時の成果報酬だけ!!


業界の慣例でもある

着手金、顧問契約、書類作成費用、

面談対策費用、融資面談への同席費用、

一切、いただきません。

中小企業の資金調達プロ.comは資金調達成功時の成果報酬だけ!!
業界の慣例でもある着手金、顧問契約、書類作成費用、面談対策費用、融資面談への同席費用、一切、いただきません。

料金はとてもシンプル。

資金調達が成功した時のみ、が対象です。

料金はとてもシンプル。資金調達が成功した時のみ、が対象です。

中小企業の資金調達プロ.com と一般的な融資支援会社の価格差

「初期費用」「成果報酬」「その他」

の差をみれば、

負担が少ないことは明らかです!

「初期費用」「成果報酬」「その他」の差をみれば、負担が少ないことは明らかです!

浮いた資金で、

人材採用、事業投資も可能。

好条件で融資のエリート集団がサポートする3つの理由

相場から言っても破格の料金設定ながら、
なぜ市場価値の高いエリート集団が好条件でサポートしてくれるのか?
あなたは不思議に思うかもしれません。

その理由は3つあります。

理由その1. 代表の想いに共感している

中小企業の資金調達プロ.comの代表岡島は、前職のリクルート時代に「良い商品が世の中に出ていないこと」に大きな不満を持ち、そのネックになっているのが資金であることに気付きました。


様々な中小企業経営者が資金調達に行き詰まっている状況をヒアリングし、資金調達には「交渉力」と「融資する側の目線」が必要であることに着目、両面を兼ね備えるエリート集団に足を使って参画を交渉。


条件面以上に岡島の「良い商品を世に出したい」という想いに共感したエリート集団が続々と参画を表明しました。

理由その2.全員が複数の事業を展開

全てのスタッフがこの中小企業の資金調達プロ.com以外の事業を持っているため、利益目的ではなく社会貢献目的でこのサービスを提供しています。

 

もちろん中には今流行りの“複業”として参画している方もいますが、いずれも資金調達において申し分のない面々が揃っています。

理由その3. 得意分野を生かし資金調達までの期間を短縮

資金調達においてもそれぞれ得意分野や専門分野があります。


お客様の業種や業態等に合わせ、得意としている専門家をご紹介します。

資金調達を実現するためのポイントや書類作成のコツを熟知しているため、効率的に資金調達を進めることができ、結果的にコストを抑えることに成功しました。

よくある質問(融資代行について)

資金調達をお考えの中小企業経営者やご担当者様に代わって、資金調達に長けたプロ人材が資金調達業務の代行をするサービスです。まずはお気軽にお問い合わせください。

資金調達を代行するプロは、元銀行員や元公庫職員、その他金融機関出身者など、「融資をする側」の気持ちや事情を知っているプロばかりです。また、そのプロの得意分野、得意業種、年齢、経験・実績、所在地などと、ご相談者様のニーズとを合わせて、最適なプロをご紹介させていただきます。
いわゆる、金融機関(メガバンク、日本政策金融公庫、商工中金、地方銀行、信用金庫など)からの借入/融資を支援します。
また、その資金調達のプロによっては、クラウドファインディングやファクタリング、エクイティを支援してくれることもございます。
もちろんです。
担当の資金調達のプロの方にも得意不得意がありますので、一緒に相談しながら進めていきましょう。
もちろんお約束はできませんが、赤字の理由や状況によっては十分に資金調達可能はです。
起業したばかりの方や個人事業主様も含めて、資金調達でお困りの方は是非ご利用してみて下さい。
特には問題ございません。
税理士さんや融資担当の方でも、資金調達を苦手にされている(積極的で無い)方もいらっしゃいます。後で気まずくならないようなアドバイスをさせていただくことも可能です。

北海道から沖縄まで、全国のお客様の融資が必要な地域で対応させていただきます。

お客様の企業規模・業種に制限はございません。

最低希望融資額に制限はございません。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

もちろん、ご相談いただけます。場合によっては、お引き受けが難しい可能性もございますが、まずはお気軽にお問い合わせください。