即日入金ファクタリング業社12社を比較!審査のコツも解説【2024年最新】

おすすめの即日ファクタリングをプロが比較した

ファクタリングは知っている!おすすめのファクタリングを知りたい(比較したい)んだ!

こんな忙しい方は、まずは▼おすすめのファクタリング比較表を先にお見せしますのでご参考ください。

おすすめのファクタリング比較マップ(中小企業の融資代行プロ)

ファクタリング比較軸(重要)

  1. 手数料
    →最低手数料率も重要だが、最大手数料にも注目
  2. 必要書類
    →少ないほど、手続きが楽
  3. 買取可能額
    →大きいほど、多額の資金調達可能
  4. 入金スピード
    →早ければ早いほど良い

◆ おすすめの即日入金ファクタリング業者

※比較表は、横にスライドすることができます >>

スクロールできます
サービス名\ オススメ!! /

おすすめ度

(5.0 / 5.0)
\ オススメ!! /

おすすめ度
(5.0 / 5.0)


おすすめ度

(4.5 / 5.0)


おすすめ度
(4.0 / 5.0)


おすすめ度

(3.5 / 5.0)


おすすめ度

(3.0 / 5.0)


おすすめ度
(3.0 / 5.0)


おすすめ度
(3.0 / 5.0)


おすすめ度

(2.0 / 5.0)


おすすめ度
(2.0 / 5.0)

QUMEN(クメン)
QUMEN(クメン)
おすすめ度
(1.5 / 5.0)


おすすめ度
(1.0 / 5.0)
手数料 2.0%~12.0% 2.0%~12.0%1.0%~14.8%2%~
(上限不明)
1.5%~10.0%1.0%~9.5%1.0%~15%1.2%~10%3.0%~10.0%10%1.5%~
(上限不明)
2.0%~20%
必要書類請求書
通帳コピー
請求書
通帳コピー
決算書/確定申告書
請求書
通帳コピー
請求書
通帳コピー
決算書/確定申告書
申込書
請求書
通帳コピー
本人確認書類
請求書
通帳コピー
決算書/確定申告書
本人確認書
通帳コピー
決算書(直近)
請求書
申込書
登記簿謄本
印鑑証明書
決算書
請求書
登記簿謄本(法人)
本人確認書
請求書
本人確認書類(初回のみ)
請求書
本人確認書類
通帳コピー
請求書
本人確認書類
通帳コピー
審査
通過率
非公開93.3%70〜98%非公開非公開98%90%以上非公開非公開非公開90%以上92.2%
買取
可能額
無制限30万~上限無無制限30万~上限無30万~上限無10万~上限無30~5,000万円100万~上限無1~1000万円最大100万円15万円~1億円30万円~1億円
入金
スピード
最短2時間最短2時間最短2時間最短2時間最短3時間最短30分最短即日最短当日最短当日最短10分最短2時間最短24時間
対象法人
個人事業主
法人
個人事業主
法人
個人事業主
法人
個人事業主
法人
個人事業主
法人
個人事業主
法人
個人事業主
法人
個人事業主
法人
個人事業主
個人事業主法人
個人事業主
法人
個人事業主
2社間
ファクタリング
3社間
ファクタリング
特徴書類でスピード入金!老舗&大手で安心事業再生も手掛ける大手「認定支援機関最速2時間で現金GET!バランスが良い。経営改善支援も可
全国対面対応もできる
運営者は国認の「認定支援機関」非営利団体超スピード入金!手数料も業界最低水準他社からの乗り換えも可能!土日祝日でも対応可能!出張対応もOKあんしんのGMOグループ!損害賠償保険付き超入金スピード! 個人事業主に特化土曜も審査回答・入金可能!建設業物流業に強い
公式HP公式サイト >
ファクタリング比較表

————<解説記事はココから>————-

本記事は、一部にPRを含みます。
比較表の根拠 >
口コミを投稿したい方 >

ファクタリング即日資金調達をしたい方は、「おすすめファクタリング比較して、自分に合った業者を選びたい」とお悩みではありませんか?

ファクタリングは請求書(売掛金)を売却することで、最短即日簡単に資金調達できる商品のことです。

どんな法人・個人事業主でも、下記のような特徴から気軽に資金調達ができるため、資金繰りに困っている経営者から注目を浴びている金融商品です。

  • 審査通過率が高い(90%以上も多い)
  • 入金スピードも圧倒的に早い
  • 赤字・債務超過・税金滞納があってもOK

筆者はこれまで、「中小企業の融資代行プロ」というサービスで資金調達をご支援する中で、たくさんのファクタリング選びもご支援してきました。

そんな筆者がおすすめするファクタリングは、「」「」の2つです。なぜなら、両者ともに「手数料が安く」「提出書類も少ない」ため、忙しくスグに調達したい利用者に寄り添っている商品だからです。

記事の筆者
「岡島光太郎」の写真

著者プロフィール

  • 資金調達コンサル会社「(株)融資代行プロ」創業者
  • 財務・資金繰りコンサルティング「御社の社外CFO」創業者
  • 経営コンサル会社「(株)Pro-D-use」創業者
  • 中小企業の融資・補助金など資金調達支援の実績多数

これまでの支援実績
個人事業主 / 創業後スグの1人法人 / 売上300億の法人
資金調達額「100万円」〜「5億円」
幅広い会社規模で、資金調達 / 財務・資金繰りコンサルを経験

本記事は、ファクタリング選びに不安をお持ちの方に、下記内容を丁寧に解説しています。

  • [厳選]優良ファクタリング業者12社の紹介
  • ファクタリングを活用すべき「業種」「活用シーン」
  • ファクタリングの活用事例の紹介
  • ファクタリング審査を通過するコツ
  • ファクタリングのメリット、デメリット
目次

【比較表あり】即日入金が可能なおすすめのファクタリングサービス” 厳選12社 “

おすすめのファクタリング比較マップ(中小企業の融資代行プロ)

おすすめのファクタリングサービスの、主な選定軸は下記4点です。

ファクタリング比較軸(重要)

  1. 手数料
    →最低手数料率も重要だが、最大手数料も注目
  2. 必要書類
    →少ないほど良い(手間が少ない)
  3. 買取可能額
    →大きいほど、多額の資金調達可能
  4. 入金スピード
    →早ければ早いほど良い

おすすめの独立系ファクタリングサービス

※比較表は、横にスライドすることができます >>

スクロールできます
サービス名\ オススメ!! /

おすすめ度

(5.0 / 5.0)
\ オススメ!! /

おすすめ度
(5.0 / 5.0)


おすすめ度

(4.5 / 5.0)


おすすめ度
(4.0 / 5.0)


おすすめ度

(3.5 / 5.0)


おすすめ度

(3.0 / 5.0)


おすすめ度
(3.0 / 5.0)


おすすめ度
(3.0 / 5.0)


おすすめ度

(2.0 / 5.0)


おすすめ度
(2.0 / 5.0)

QUMEN(クメン)
QUMEN(クメン)
おすすめ度
(1.5 / 5.0)


おすすめ度
(1.0 / 5.0)
手数料 2.0%~12.0% 2.0%~12.0%1.0%~14.8%2%~
(上限不明)
1.5%~10.0%1.0%~9.5%1.0%~15%1.2%~10%3.0%~10.0%10%1.5%~
(上限不明)
2.0%~20%
必要書類請求書
通帳コピー
請求書
通帳コピー
決算書/確定申告書
請求書
通帳コピー
請求書
通帳コピー
決算書/確定申告書
申込書
請求書
通帳コピー
本人確認書類
請求書
通帳コピー
決算書/確定申告書
本人確認書
通帳コピー
決算書(直近)
請求書
申込書
登記簿謄本
印鑑証明書
決算書
請求書
登記簿謄本(法人)
本人確認書
請求書
本人確認書類(初回のみ)
請求書
本人確認書類
通帳コピー
請求書
本人確認書類
通帳コピー
審査
通過率
非公開93.3%70〜98%非公開非公開98%90%以上非公開非公開非公開90%以上92.2%
買取
可能額
無制限30万~上限無無制限30万~上限無30万~上限無10万~上限無30~5,000万円100万~上限無1~1000万円最大100万円15万円~1億円30万円~1億円
入金
スピード
最短2時間最短2時間最短2時間最短2時間最短3時間最短30分最短即日最短当日最短当日最短10分最短2時間最短24時間
対象法人
個人事業主
法人
個人事業主
法人
個人事業主
法人
個人事業主
法人
個人事業主
法人
個人事業主
法人
個人事業主
法人
個人事業主
法人
個人事業主
個人事業主法人
個人事業主
法人
個人事業主
2社間
ファクタリング
3社間
ファクタリング
特徴書類でスピード入金!老舗&大手で安心事業再生も手掛ける大手「認定支援機関最速2時間で現金GET!バランスが良い。経営改善支援も可
全国対面対応もできる
運営者は国認の「認定支援機関」非営利団体超スピード入金!手数料も業界最低水準他社からの乗り換えも可能!土日祝日でも対応可能!出張対応もOKあんしんのGMOグループ!損害賠償保険付き超入金スピード! 個人事業主に特化土曜も審査回答・入金可能!建設業物流業に強い
公式HP公式サイト >
ファクタリング比較表

ファクタリングは、比較的審査がゆるく資金調達はしやすいのですが、必ず調達ができるものではありません。

また、各社で独自の審査基準があるため、「サービスAでは審査落ちした…」が、「サービスBでは調達できた」ということは良くあります。そのため、調達までのスピードを上げるのであれば、まずは複数のファクタリング会社に審査依頼をすることがおすすめです。

1. 大手・老舗の安心感が欲しいなら「ビートレーディング」

ビートレーディング
総合評価
( 5 )
メリット
  • 業界トップクラスの実績&大手老舗で安心
  • 日本全国対応!
  • 申込から入金まで、最短2時間!
  • 審査通過率98%
  • 買取可能額は無制限
  • 必要書類は2種類だけ!

ビートレーディングは、2012年創業で業界トップクラスの実績を持ち、日本全国でスピーディーな対応が可能です。

必要書類は「売掛債権に関する資料」と「通帳のコピー」の2種類のみで、審査結果は提出後平均30分以内に通知され、申し込みから契約までオンラインで完結し、最短2時間で資金を振り込みます。

利用実績例としては、建設業で大型案件の資金調達、製造業で新規事業の機材導入運送業で売掛金の遅延による資金調達、小売業で季節的な売上増加に伴う資金調達などがあります。

「ビートレーディング」の概要
手数料2.0%~12.0%
必要書類請求書/通帳コピー
審査通過率非公開
買取可能額無制限
入金スピード最短2時間
個人事業主への対応
2社間ファクタリング対応
3社間ファクタリング対応
営業時間平日9:30~18:00
運営会社株式会社ビートレーディング 

\ 審査通過率98%|今スグ申込! /

※老舗&実績たっぷりで安心

2. 対応の良さ、審査の柔軟さで選ぶならファクタリング大手の「アクセルファクター」

アクセルファクター
総合評価
( 5 )
メリット
  • 担当者が若く物腰が柔らかい人が多く安心できる
  • 中小企業庁認定「経営革新等支援機関」で安心
  • 事業再生やターンアラウンドも手掛けている
  • 申込から入金まで、最短2時間!

経営革新等支援機関107913012312(中小企業庁認定|第79号)

アクセルファクターは、筆者は運営会社の代表である本成さんと面談したことがあります。法人への資金提供の社会的意義や、事業への熱意もありながら、対応の柔軟性と信頼ができるサービスだと感じています。

特徴は以下の通りです。

  • 低手数料と迅速対応
    業界最安値の買取手数料2.0%~で提供し、最短2時間での即日入金可能
  • 確かな実績と資本力
    累計契約数18,000件、申込総額350億円を超える取引実績があり、総資本金2億8447万円のNEXTAGE GROUPの一員として、高額債権の買取にも対応
  • 専任担当者のサポート
    各顧客には専任の担当者がつき、個別の資金調達に関するニーズに対応
  • 審査通過率の高さ
    独自の基準で柔軟な審査を行い、審査通過率93.3%を実現
  • ファクタリングの一本化も可能

サービス利用の流れはシンプルで、お問い合わせ後、必要書類の提出 ▶️ 審査 ▶️ 契約を経て、契約後15分~1時間で振込が完了します​。

実際の利用事例
建設/建築業
運送業
人材派遣業
営業代行業
コールセンター業
イベント業
製造業
・IT業
など多岐にわたります​​。

◆「アクセルファクター」の概要
手数料2.0%~12.0%
費用書類請求書/通帳コピー/決算書(個人は確定申告書)
審査通過率93.3%
買取可能額30万~上限無
入金スピード最短2時間
個人事業主への対応
2社間ファクタリング対応
3社間ファクタリング対応
営業時間平日9:30~19:00
運営会社株式会社アクセルファクター 

\ 対応の柔軟さがウリ!初めて利用もOK! /

※国が認める「経営革新等支援機関」が運営元

3. 手軽さで選ぶなら「QuQuMo(ククモ)」

QuQuMo(ククモ)
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 申込から入金まで、最短2時間!
  • 業界最低水準の手数料1%~
  • オンライン完結!
  • 必要書類は2種類だけ!

QuQuMoは、スピーディーで柔軟なファクタリングサービスです。主な特徴は以下。

  • オンライン完結
    スマートフォンやPCを使用してどこからでも手続きが可能
  • 迅速なサービス
    申込〜入金まで最短2時間!急な資金需要に対応可能
  • 柔軟な対応
    金額上限なく、少額〜高額までのニーズに対応可能
  • 低コスト
    業界トップクラスの低手数料で提供
  • 簡単な手続き
    必要書類は請求書と通帳の2点のみ。面倒な書類は不要

資金調達までのプロセスは簡単で、お見積り後に問題がなければ契約を結び、振込みを完了します​​。また、従来のファクタリングとは異なり、売掛先への通知がない2社間契約を採用しており、安心して利用できます​​。

株式会社アクティブサポートが運営するQuQuMoは、ファクタリング事業と各種コンサルティング事業を手掛ける企業です​​。

◆「QuQuMo(ククモ)」の概要
手数料1.0%~14.8%
費用書類請求書/通帳コピー
審査通過率70~98%
買取可能額無制限
入金スピード最短2時間
個人事業主への対応
2社間ファクタリング対応
3社間ファクタリング対応×
営業時間平日9:00~19:00
運営会社株式会社アクティブサポート 

\ 圧倒的な低コスト!手続きもラクラク /

※オンラインで完結

4. ファクタリング卒業/経営改善サポートの手厚さNo,1「PMGファクタリング」

PMGファクタリング
総合評価
( 4 )
メリット
  • 必ず担当者がつきサポート実施
  • 財務支援/ 組織づくり/ 融資サポート/ 事業再生も対応可能
  • 土日対応も可能
  • 売買手数料以外の費用は¥0
  • 申込から入金まで、最短2時間!

PMGファクタリングは、ファクタリングで資金調達後も手厚いサポートが期待できるファクタリングサービスです。

特徴は、「最短2時間での現金化」、「資金調達上限額が高い」「全国対応」「対面対応が可能」「売買手数料以外の費用¥0」「土日対応が可能」な点です。

他社と違う大きな特徴は、必ず個別の担当者が付きファクタリング以外の経営支援ができる点です。経営支援の内容は下記のように、コンサルティングファームと同等レベルの支援が期待できます。

◆ ファクタリング以外の経営支援

  • 財務コンサルティング
  • 融資サポート
  • 事業再生コンサルティング
  • 組織づくり支援
  • 補助金・助成金支援

また年間契約数は7,800件以上あり実績が豊富であり、他社からの乗り換え率は98%であることから、安心して活用ができるファクタリング業者であるといえます。

◆「PMGファクタリング」の概要
手数料2.0%~
費用書類請求書/通帳コピー/決算書(確定申告書)
審査通過率非公開
買取可能額30万~上限無
入金スピード最短2時間
個人事業主への対応
2社間ファクタリング対応
3社間ファクタリング対応
営業時間平日8:30〜18:00
運営会社ピーエムジー株式会社

\ あらゆる経営支援メニューもある、唯一無二の業者 /

コンプラ意識も高い全国対応の業者

5. 経営革新等支援機関・非営利活動団体の「中小企業金融サポート機構」

中小企業金融サポート機構
総合評価
( 3.5 )
メリット
  • 手数料は1.5%~10.0%
  • 中小企業庁認定「経営革新等支援機関」で安心
  • 赤字・債務超過・税金滞納中でもOK
  • その他、事業再生 ・M&A・事業継承・事業マッチングも提供
  • 非営利活動団体として活動
  • オンラインで完結も可能
  • 申込から入金まで、最短3時間!

経営革新等支援機関106413020020(中小企業庁認定|第64号)

一般社団法人日本中小企業金融サポート機構のファクタリングサービスは、中小企業や個人事業主に特化した、非営利団体による低コストのファクタリングサービスです。主な特徴は以下。

  • 低手数料
    1.5%~
    という業界最低水準の手数料​​
  • 迅速な資金調達
    最短30分で審査、最短3時間で入金可能​​
  • 買取金額の制限なし
    3万円から2億円までの買取実績があり、小規模から大規模な案件に対応​​
  • 契約方法の選択
    2者間ファクタリングと3者間ファクタリングの両方を提供​​
  • 経営者に寄り添ったサポート
    経験豊富なスタッフが資金繰りや経営に関する問題解決をサポート​​​​

所在地は東京都港区芝公園一丁目で、事業内容は資金調達、資本政策、財務及び事業再生に関するアドバイザリー及びコンサルティング業務です​​。

◆「中小企業金融サポート機構」の概要
手数料1.5%~10.0%
費用書類申込書/請求書/通帳コピー/本人確認書類
審査通過率非公開
買取可能額30万~上限無
入金スピード最短3時間
個人事業主への対応
2社間ファクタリング対応
3社間ファクタリング対応
営業時間平日9:30~18:00
運営会社一般社団法人日本中小企業金融サポート機構 

\ 審査結果、最短30分でわかります! /

運営元は非営利団体

6. 手数料をなるべく抑え、スピード調達したいなら「PAYTODAY」

PAYTODAY
総合評価
( 3 )
メリット
  • 業界最安値クラスの手数料1%~
  • 日本全国が対象!
  • 最短30分で審査完了&即日着金
  • オンラインで完結
  • 女性経営者が運営しており、コンプラ意識が高い

PAYTODAYは、AIを活用した即日審査・即日振込のオンライン請求書買取サービスで、個人事業主から法人まで幅広いニーズに応えています。主要な特徴は下記。

  • 低手数料
    業界最低水準の手数料1%~9.5%を実現。費用負担を軽減
  • オンライン完結
    全ての手続きがオンラインで完結し、面談不要で利便性が高い
  • AI審査による迅速性
    AI審査により、最短30分での審査完了と即日着金が可能です​​。
  • 取引先への通知不要
    2社間ファクタリングを採用し、取引先への通知が不要
  • 利用分野
    ベンチャー企業、地方中小企業、フリーランスなど様々な業種や事業段階での利用が可能

PAYTODAYは、新規案件対応広告費用捻出運転資金不足など様々な資金調達ニーズに対応し、特に迅速な資金調達が求められる場面で有効です。

◆「PAYTODAY」の概要
手数料1.0%~9.5%
費用書類請求書/通帳コピー/決算書(個人は確定申告書)/本人確認書
審査通過率98%
買取可能額10万~上限無
入金スピード最短30分
個人事業主への対応
2社間ファクタリング対応
3社間ファクタリング対応×
営業時間平日10:00~17:00
運営会社Dual Life Partners株式会社 

\ 手数料の安さ&スピード業界トップクラス! /

オンライン完結で、面談不要

7. レスポンスの速さが評判!他社から乗り換えするなら「No.1ファクタリング」

No.1ファクタリング
総合評価
( 3 )
メリット
  • 業界最安値クラスの手数料1%~
  • 審査通過率90%以上
  • 日本全国が対象!
  • オンラインで完結
  • 他社からの乗り換えに特化
  • 建設業特化のファクタリングもあり

No.1ファクタリングは、幅広い法人・個人事業主が利用できる「他社ファクタリングからの乗り換えサービス」です。

手数料も「1%〜」とかなり低めに設定されており、提出書類も簡素化されているため手続きもスムーズに進めることができます。さらに、最大5,000万円までの買取が可能であり、最短当日の審査・振込が可能です。

このように、No.1ファクタリングは「売上の季節変動」「大口受注の対応」など、短期的な資金ニーズに直面する中小企業の資金繰り改善に有効な選択肢だと言えます。

◆「No.1ファクタリング」の概要
手数料1.0%~15%
費用書類通帳コピー/決算書(直近)/請求書
審査通過率90%以上
買取可能額30~5,000万円
入金スピード最短当日
個人事業主への対応
2社間ファクタリング対応
3社間ファクタリング対応
営業時間平日9:00~19:00
運営会社株式会社 No.1

\「他社から乗り換え」するならココ/

現在の条件より改善される人が続出!!

8. 土日や祝日に、急ぎで資金調達したいなら「JTC」

JTC
総合評価
( 3 )
メリット
  • 業界最低水準の手数料1.2~10%
  • 取扱金額500億円、取扱件数10,000件の実績
  • 赤字・債務超過でも問題なし
  • オンラインで完結!

JTCは、特に中小企業の資金調達ニーズに応える専門のファクタリングを提供しています。主要な特徴は以下の通り。

  • 全国対応
    名古屋本社をはじめ、大阪、東京に営業拠点を構え、全国の中小企業をサポート
  • 実績と信頼
    2013年の設立以来、1万件を超える債権取扱いで、取扱金額は500億円を超える実績
  • 対面、オンラインの契約対応
    顧客の状況に合わせて対面またはオンラインでの契約が可能
  • 取引先への通知不要
    売掛金の現金化をJTCとお客様だけで完結でき、取引先への通知が不要
  • 支援事例
    経営不振による材料仕入代金不足や税金滞納など、多様な資金調達ニーズに対応

JTCは中小企業の資金繰りに悩む経営者に寄り添い、迅速かつ柔軟なファクタリングサービスを提供することで、ビジネスパートナーとして信頼されています。

◆「JTC」の概要
手数料1.2%~10%
費用書類申込書/登記簿謄本/印鑑証明書/決算書
審査通過率非公開
買取可能額100万~上限無
入金スピード最短当日
個人事業主への対応
2社間ファクタリング対応
3社間ファクタリング対応
営業時間平日8:30~19:00
運営会社株式会社JTC - JTC Co., Ltd. – 

\ 土日・祝日に資金調達するならココ /

老舗企業が全国の資金調達をサポート

9. 資金+ビジネスに安心が欲しいなら、損害保険も付帯しているなら「フリーナンス」

フリーナンス
総合評価
( 2 )
メリット
  • 手数料は3~10%と良心的
  • 提携口座を使うことで手数料が更にお得に!
  • 上場企業GMOのサービスで安心
  • 損害賠償保険「あんしん補償」が自動付帯!

フリーナンスのファクタリングサービスは、特にフリーランスや個人事業主に特化した即日払いシステムを提供しています。主要な特徴は以下の通り。

  • 即日現金化
    手持ちの請求書を即日現金化し、借りずに資金調達が可能です。代金は即日、指定のメインバンクに振り込まれます​​。
  • 手数料
    手数料は請求書額面の3%~10%。フリーナンス口座を使用すれば手数料は安くなる​​。
  • 審査と入金
    申し込み内容に基づき審査が行われ、審査結果は登録メールアドレスに通知。
    審査通過後は、会員登録時に入力された口座へ債権買取代金が振り込まれます​​。
  • 2社間ファクタリング
    信用情報機関への照会や登録がなく、担保や保証人も不要。取引先に請求書の売却が知られることもない。​
  • 利用者の声
    「急な経費のために即日払いを利用し、経営を維持できたと」いう顧客の声がある。

フリーナンスは、特に急な資金調達が必要なフリーランスや個人事業主にとって、心強いサービスです。

◆「フリーナンス」の概要
手数料3.0%~10.0%
費用書類請求書/登記簿謄本(法人)/本人確認書
審査通過率非公開
買取可能額1~1000万円
入金スピード最短当日
個人事業主への対応
2社間ファクタリング対応
3社間ファクタリング対応×
営業時間平日10:00~17:00
運営会社GMOクリエイターズネットワーク株式会社 

\ 資金に加えて「補償も欲しい」方 /

GMOグループが提供しています

10. 入金スピードがとにかく早い「ペイトナーファクタリング(旧yup先払い)」

ペイトナーファクタリング(旧yup先払い)
総合評価
( 2 )
メリット
  • 最短10分で即日入金対応!
  • 査定/契約/入金までWebで完結!
  • 手数料は一律10%

個人事業主に特化しているペイトナーファクタリングは、入金スピードが速い会社です。

ペイトナーファクタリングは、最短10分で入金対応が可能なのが大きな特徴の1つです。買取可能額は、1万円~100万円で比較的小口の資金調達に向いています。ただし、初回利用時のみ25万円までです。

2回目以降は、買取可能額も上がり、本人確認などの書類が不要になるため、最小限の書類で手続きできます。

◆「ペイトナーファクタリング」の概要
手数料10%
費用書類請求書/本人確認書類(初回のみ)
審査通過率非公開
買取可能額最大100万円
入金スピード最短10分
個人事業主への対応
2社間ファクタリング対応
3社間ファクタリング対応×
営業時間平日10:00~19:00
運営会社ペイトナー株式会社 

\ 最短10分!オンライン完結! /

「審査の回答60分以内」で急いでる方には安心

11. 原則即日振込が特徴の「QUMEN(クメン)」

QUMEN(クメン)
総合評価
( 1.5 )
メリット
  • 最短2時間!原則即日で振込対応!
  • 審査通過率90%以上!
  • 土曜日も審査・振込が可能!

QUMEN(クメン)は、スピーディな審査と振込が特徴のファクタリングサービスです。

独自審査により審査通過率は90%以上で、最短2時間の入金も可能です。完全非対面での手続きができる上、手数料は1.5%~で、15万円~の少額対応や個人事業主にも対応しています。

◆「QUMEN(クメン)」の概要
手数料1.5%~上限不明
費用書類請求書/本人確認書類/通帳コピー
審査通過率90%以上
買取可能額15万円~1億円
入金スピード最短2時間
個人事業主への対応
2社間ファクタリング対応×
3社間ファクタリング対応
営業時間9:00~19:00
運営会社株式会社PKGパートナー

12. 60分で5,000万円まで即入金の「Best Factor(ベストファクター)」

Best Factor(ベストファクター)
総合評価
( 1 )
メリット
  • 買取手数料2.0%~
  • 最短60分で即入金!
  • 平均買取率92.2%!

ベストファクターは、個人・法人事業主問わず利用できる会社です。資金調達をお急ぎの場合は、電話による簡単スピード診断も可能です。売掛債権の買取が可能かの診断をたった5分でしてもらえます。

また、売掛債権買取は、最大1億円まで可能です。そのため、建設業・物流業以外の業種の企業にもおすすめです。さらに、財務コンサルティングも提供しているため、病院や調剤薬局などの医療機関の債権買取にも対応しています。

◆「Best Factor(ベストファクター)」の概要
手数料2.0%~20%
費用書類請求書/本人確認書類/通帳コピー
審査通過率92.2%
買取可能額30万円~1億円
入金スピード最短24時間
個人事業主への対応
2社間ファクタリング対応
3社間ファクタリング対応
営業時間平日10:00~19:00
運営会社株式会社アレシア 

\ 最大1億円まで調達可能! /

建設・物流系企業が得意な業者です!

ファクタリングを活用すべき「業種」・「活用シーン」と、事例

筆者の本業は、融資代行財務コンサルティングです。

本業で資金調達や財務支援をしていると、ファクタリングが向いている『業種』・『活用シーン』が判断できるようになってきましたので、ここではファクタリング向きの『業種』『活用シーン』をご紹介します。

また、実際にファクタリングを活用したお客様の事例もご紹介します。

ファクタリング向きの『業種』

  • 建設建築
  • 運送業
  • 製造業
  • 卸売・小売業
  • 食品業
  • サービス業
  • システム受託開発
  • 医療・介護

ビジネスローン向きの『活用シーン』

  • 契約から着金まで長いプロジェクトのつなぎ資金
  • 赤字債務超過銀行に融資を断られてしまった時
  • 税金の納付の期限だが、資金が枯渇している時
  • 夏や冬のボーナス支払いの資金がない時
  • 急激な売上増加の運転資金に使いたい時
  • 手形を縮めたい時
  • 季節変動で売上アップダウンが激しい事業の「つなぎ資金
  • 数百万円〜数千万円の「運転資金

※ファクタリングは、中長期的な運転資金で活用するのではなく、一時的な運転資金で活用するのが正しい使い方です。

ファクタリングの活用事例

ここでは、筆者が実際に中小企業の資金調達で「ファクタリング」を活用して成功した、生々しい事例をご紹介します。ご参考ください。

I社様(年商2億2,300万円 / 建設事業者)

お客様の情報
創業:1965年
業界:建設業(土木・建築工事一式)
年商:2億2,300万円
従業員数:9名
資金使途:外注費・材料費等支払資金

ファクタリング活用の背景
・地銀・信用金庫との取引を有するも、債務超過・繰越損失・営業赤字
・代表者へ短期貸付金を2,000万円有する等、財務内容は非常に厳しい状況
・そのためメインバンクから「しばらく支援は困難」と短期融資も否認される
・外注費/材料費の月末支払い予定の、750万円が枯渇

会社・経営者の状況
・建設業で受注金額の大きい
・公共工事を受注している
・受注先からの安定的な入金が確認できていた
・税務や財務には疎いが、技術力が高く評判が良い経営者

活用結果
調達金額:800万円
当初の狙い通り、月末支払いの対応ができた

ファクタリングの活用事例をご紹介してきました。この事例からも分かるように、ファクタリングをはじめノンバンクで資金調達するコツは下記の通りです。

ノンバンクの資金調達のコツ

  • 一時的な「つなぎ資金」で活用する
    ▶︎長期戦略ではなく短期戦略で使う
  • 儲かる使い道で使う
    ▶︎最低でも借入金利以上は必要
  • 出口戦略を考えてから使う
    ▶︎どこで返し切るか、事前に計画を立てる

【審査通過のコツ】ファクタリングで即日入金の審査に通りやすくなる3つのコツ

ファクタリングの審査に通りやすい請求書には、ある一定の共通点があります。それは、回収の可能性が高いと思われる請求書」を審査に出している点です。

下記3つの請求書は、ファクタリング会社からすると「安全性の高いと判断される」請求書であるため、審査が通りやすくなる傾向があります。

  • 企業規模が大きい会社」からの請求書は審査通過率が高い
  • 取引歴の長い取引先の請求書」は審査に強い
  • 振込期日が近い」請求書は審査に有利

それぞれ、詳しく解説していきます。

コツ1. 「企業規模が大きい会社」からの請求書は審査通過率が高い

ファクタリングの審査では、大企業もしくは信用力の高い会社への請求書は審査通過の成功率を高めます。

例えば、業界大手の自動車メーカーや大規模な電機メーカーなどからの請求書は、支払いの信頼性が高いと見なされます。なぜなら、大企業や信用力の高い会社は経済的に安定しており、支払い延滞のリスクが低いためです。

そのため審査通過率を上げるには、大企業・信用力の高い会社の請求書を優先して選ぶことが有効となります。

コツ2. 「取引歴の長い取引先の請求書」は審査に強い

ファクタリング審査において、取引歴が長い売掛先からの請求書は大きな利点となります。

例えば、数年以上の安定した取引実績がある売掛先からの請求書は、新規の取引先よりも信頼性が高いと判断されます。なぜなら、長期間にわたる取引が、その売掛先の支払い能力と信頼性を証明することにつながるから。

そのため、審査の通過率を上げるためには、長い取引歴を持つ売掛先の請求書を選択することが望ましいといえます。

コツ3. 「振込期日が近い」請求書は審査に有利

審査で振り込み期日が近い請求書を提出することも、審査通過に有利に働きます。なぜなら、支払いサイトが短いことで、短期間内に資金回収が見込めるため、ファクタリング会社が早くリスクを回収できることにつながるからです。

例えば、30日以内に支払われる請求書は、90日以上のものと比べて安全性が高いと判断されるため、審査で有利になります。

そのため、審査通過には振込期日が近い請求書を選ぶことが推奨されます。

ファクタリング審査の4つの基準

ファクタリングの審査は、主に下記4つの審査基準が考慮されます。

  • 売掛先の信用力
  • 売掛金の支払い期日
  • 申請金額と普段の商取引金額とのバランス
  • 利用会社の信用力

これらがファクタリング審査の中心であるため、これら基準を把握し準備することが、審査成功への第一歩です。

基準1. 売掛先の信用力

ファクタリングでは、売掛先の信用力が審査で1番のポイントです。

具体例として、大手スーパーマーケットチェーンや有名アパレルブランドなどの売掛金であれば、一般的な企業よりも信用力が高いため審査に有利に働きます。

基準2. 売掛金の支払い期日

売掛金の支払い期日は、近ければ近いほど審査が有利になります。

基準3. 申請金額と普段の商取引金額とのバランス

ファクタリングを利用する会社(あなたの会社)と、売掛金額のバランスも審査では着目されるポイントです。

例えば、小規模な企業がいきなり数千万円の大きな取引の請求書を申請してきた場合、

「この取引は偽装取引なのでは・・?」

と疑いをかけられ、審査落ちする可能性が高まります。

審査では、企業の取引履歴や規模に見合った合理的な売掛金額が求められます。従って、申請する売掛金額は、企業の実際の取引規模とバランスをとることが望ましいといえます。

基準4. 利用会社(あなたの会社)の信用力

ファクタリングを利用する会社の信用力も、審査において重要な要素です。

例えば、財務状況が安定しており、過去に信用問題がない企業は審査に有利です。反対に、過去に支払い遅延や倒産の経験がある企業は、審査において不利になる可能性は高まります。

個人事業主の場合、法人に比べ信用評価が厳しくなる傾向があり、これに備えるためには、事業計画や財務状況のしっかりしたドキュメントを準備することが重要です。

ファクタリングの優良業者を見分ける6つの条件

ファクタリングの利用で注意すべきなのは、悪徳業者の存在です。悪徳業者と契約すると、資金調達どころか大きな損失を被ってしまう恐れがあります。

安心信頼できるファクタリング会社を見極めるための条件ついて見ていきましょう。悪徳業者に遭遇しないために、優良なファクタリング業社を見分ける方法は下記6つです。

◆ 6つの優良なファクタリング業社の見分け方

  1. 契約書の控えを渡してくれる
  2. 手数料が相場の範囲内である
  3. 対面で契約する
  4. 経費などの請求を契約前におこなう
  5. 入金日を明確に知らせてくれる
  6. 口コミサイトなどで評判がよい

上記が、優良なファクタリング業社の見極め方です。すべてに合致していれば間違いなく問題はありません。また、1~3

逆に悪徳業者は、ギリギリまで経費などの請求を行わず、契約書の控えも渡そうとしないケースが多いです。また、渡された契約書も改ざんされる恐れもあるため、必ず控えをもらいましょう。

さらに、悪徳業者はすべての手続きを電話やメールで済ませようとする傾向があります。契約手続きは、できるのであれば対面で対応すると安心です。また、入金日をあいまいにするファクタリング会社は悪徳業者であることが多いため、注意しましょう。

その上で、インターネットの口コミサイトを確認しながら、信頼できる業者を見極めてください。

ファクタリングとは、売掛金(売掛債権)を売却し、即日で資金調達する方法

ファクタリングとは企業が保有する売掛債権を売却して資金調達を行う方法です。もともとは欧米で始まった資金調達方法で、徐々に日本国内でも注目を集めるようになってきました。

ファクタリングの特徴は、即日(すぐ)に資金調達が行える点です。

企業が自社製品やサービスを売ったとしても、そのときすぐに代金が支払われるわけではありませんよね。たいていの場合、製品やサービスの代金が支払われるのは数ヵ月後です。

特に製造業や小売業、卸売業などのビジネスの場合は、先に仕入れ先にお金を払ってモノを用意して、その後に販売先から支払いを待つ形になるため、代金が支払われるまでの間に資金繰りが厳しくなることも多いです。

最悪の場合、代金が支払われる前に倒産してしまう恐れもあるので、所有している売掛債権を売却して当面の運転資金に充てる必要が生じるかもしれません。そこで登場するのがファクタリングです。

ファクタリング会社は売掛債権を購入し、額面から手数料を引いた金額を資金調達したい企業に支払います。そしてその後、ファクタリング会社が売掛金を回収する仕組みです。

旧来、企業間の取引では「現金」と「手形」での決済が当たり前でしたが、帝国データバンクが中小企業庁に提出した資料(下記グラフ参照)によると、企業間取引の決済にファクタリングを10%前後で恒常的に活用しているケースも出てきており、ファクタリングが一般的な決済手段として浸透してきたことがわかります。

決済手段の割合_決済に関するアンケート調査|経済産業省 中小企業庁
決済に関するアンケート調査|経済産業省 中小企業庁

またファクタリングには、「2つの種類」「2つの仕組み」があります。自社の利益にかかわるポイントなので、資金調達をしたいと考えている経営者の方は理解しておきましょう。

参考記事
アクセルファクター:「ファクタリングとは

ファクタリングの種類は2つ

ファクタリングの種類には、「買取型」と「保証型」があります。それぞれ、詳しく見ていきましょう。

1. 「買取型ファクタリング」の特徴

買取型とは、その名の通り売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらう方法です。売掛金をすぐに資金に変えられるため、急いで資金調達したい企業や経営者の方におすすめです。

どのくらいの資金が調達できるのかについても、売掛金から手数料を引いた金額が支払われるため、簡単に予測できます。

所有している売掛債権を売却するため担保が必要なく、中小企業など信用力の高くない企業でも審査に通りやすい点がポイントです。

2. 「保証型ファクタリング」の特徴

一方で保証型とは、資金調達ではなく売掛債権の保証を目的としたものです。

例えば「取引先の経営状態に不安がある」場合、あなたの会社の売掛債権が回収できなくなる恐れがありますよね。

そのようなケースで保証型のファクタリングを利用すると、ファクタリング会社が保証枠を決め、その範囲内であれば売掛債権を保証してくれます。万が一、取引先が倒産したとしても、保証枠の範囲内であれば保証金が支払われ、売掛債権をある程度回収できます。

2社間ファクタリング・3社間ファクタリングの「仕組み」「違い」を比較

ファクタリングには、2社間ファクタリング3社間ファクタリングがあります。それぞれ特徴が違うため、ファクタリングを活用する前に理解しておきましょう。

2社間/3社間ファクタリングの違い

2社間ファクタリング3社間ファクタリング
特徴売掛金の回収後、利用者がファクタリング会社に支払う取引先が直接ファクタリング会社に支払う
メリット 早く資金調達できる
取引先に知られることがない
手数料が安い(2~10%)
悪徳業者に当たる確率が低い
デメリット 手数料が高い(10~20%) 時間と手間がかかる
 (3社間合意が必要なため)
取引先に知られてしまう

2社間ファクタリングの特徴

2社間ファクタリングは、資金調達したい企業とファクタリング会社の契約です。登場人物(企業)が2者(社)なので、2社間ファクタリングと言います。

仕組みとしては、まず、ファクタリング会社からファクタリングを利用する企業に対して、売掛債権の額面から手数料を引いた金額が振り込まれます。

売掛債権の期日には、まず取引先からファクタリングを利用している企業に入金があり、その後ファクタリングを利用している企業からファクタリング会社に入金分が引き渡される、という仕組みになっています。

2社間ファクタリングのメリット

2社間ファクタリングのもっとも大きなメリットは、取引先にファクタリングの利用が知られないことでしょう。

資金繰りに関する情報は企業間の信用維持にも影響します。最悪の場合、取引の打ち切りにつながる恐れもあるでしょう。取引先に資金繰りを危ぶまれる事態は信用を失墜させますので、なるべく避けたいものですよね。

2社間ファクタリングは、取引先との関係を良好に保ちつつ資金調達したいときに役立ちます。

また、スピーディーな資金調達が可能なのも2社間ファクタリングのメリットです。最短で、申し込んだ当日にまとまった資金が用意できることもあります。

2社間ファクタリングのデメリット

ただし、2社間ファクタリングでは手数料が高くなるデメリットがあります

契約内容にもよりますが、一般的に手数料の相場は10%〜30%前後です。相場は法律によって規制されているわけではなく、30%以上の手数料を取るファクタリング会社もあります。

ファクタリング会社としては、取引先の企業が倒産するリスクに加えて、ファクタリングを利用する企業が売掛金を持ち逃げしてしまうリスクも負わなければなりません。そのため手数料を高くしてリスクマネジメントを行っているのです。

3社間ファクタリングの特徴

3社間ファクタリングは資金調達したい企業、ファクタリング会社、そして取引先の企業の契約です。先ほどの2社間ファクタリングとは違い、登場人物(企業)が3者(社)なので、3社間ファクタリングと言うのです。

2社間ファクタリングとは異なり、売掛金は取引先の企業からファクタリング会社に直接支払われます

3社間ファクタリングのメリット

3社間ファクタリングの1番のメリットは、手数料の安さです。

ファクタリング会社は、売掛金を持ち逃げされるリスクがないため、2社間ファクタリングよりも手数料を低く設定しているのが一般的です。

相場も2%〜10%程度と、資金調達したい企業にとっては大きな魅力といえるでしょう。

3社間ファクタリングは大手のファクタリング会社も提供しているサービスであり、悪徳業者に遭遇するリスクが低いのもメリットの1つです。また、売掛金の回収をファクタリング会社が行ってくれるのもメリットです。

3社間ファクタリングのデメリット

2社間ファクタリングの1番大きなデメリットは、ファクタリングを利用する際は取引先の同意が必要であり、資金調達に時間がかかる点です。

また、これにより取引先からの信用を失う恐れもあるでしょう。とくに、取引先との付き合いを初めて間もないとき、あるいは大手企業が取引相手の場合は、ファクタリングの利用自体を慎重に検討すべきです。

ファクタリングを利用する8つのメリット

資金調達を急いでいる経営者にとって、ファクタリングはさまざまなメリットがあります。

金融機関からの融資とは異なるファクタリングの魅力について押さえておきましょう。下記のファクタリングを利用する8つのメリットについて詳しく解説します。

  • 即日!すぐ!資金調達が可能
  • 業績が悪くても資金調が可能
  • 会社(個人事業)代表の信用情報にキズがあっても資金調達可能
  • 保証人・担保が不要
  • 自社の信用情報が守られる
  • 取引先倒産による代金未回収リスクを回避できる
  • 借金(借入)ではない
  • 第三者に知られず資金調達が可能
    (2社間ファクタリングの場合)

メリット1. 即日!すぐ!資金調達が可能

ファクタリング最大のメリットといえるのが、資金調達のスピードです。ファクタリングの場合、最短で申し込み当日に資金調達できることもあります。

金融機関から融資を受ける際は、決算書や資金繰り表などを提出して審査を受けなければなりません。融資の金額にもよりますが、一般的に審査には2週間から1ヵ月程度かかります。

会社の経営状況によっては、「審査に通らず融資を受けられない」なんて、恐れもあるでしょう。

ファクタリングの場合、売掛債権を売却する契約であるため、ファクタリング会社は売掛先の企業が期日までに支払いが行えるかをチェックするだけで済みます。

それまで何度も取引があり、期日までに支払いが行われているのであれば、とくに問題なくファクタリングを利用できるでしょう。

ファクタリングは審査にかかる時間が短いため、資金調達が素早く行えるのです。

メリット2. 業績が悪くても資金調が可能

ファクタリングは、売掛先があれば利用できるため、会社がこんな状態であっても資金調達が可能です。

  • 赤字決算
  • 債務超過
  • 税金滞納中

メリット3. 会社(個人事業)代表の信用情報にキズがあっても資金調達可能

信用情報がキズついてしまっている経営者や、個人事業主でも大丈夫です。

従来の融資では信用情報に傷があると銀行・信金など金融機関からの融資はほぼ断られてしまいますが、ファクタリングは違います。

取引先からの未回収の売掛金を担保にするので、信用情報に関係なく即座に現金化が実現します。遅延履歴があっても、ファクタリングは売掛金の信用度に基づいて行われます。

メリット4. 保証人・担保が不要

融資を受ける際に面倒な担保や保証人の確保は、ファクタリングでは必要ありません。

これはファクタリングが売掛金の現金化に基づくため、すでに売掛金を保有している事業者であれば、追加の担保や保証人を見つける必要がないからです。売掛金を売却することで、すぐに資金を獲得でき、事業に充てることができます。

メリット5. 自社の信用情報が守られる

ファクタリングを利用しても、自分や会社の信用情報は守られます。そのため、中小企業や個人事業主の方にとって、信用情報に影響を与えないファクタリングはとても魅力的な資金調達方法といえるでしょう。

金融機関から融資を受ければ、必ず信用情報にその事実が記載されます。場合によっては資金繰りが苦しいことを取引先に知られてしまい、不安を感じさせてしまうかもしれません。

ファクタリングは融資ではなく売掛債権の売買契約なので、信用情報に一切影響がありません。

ただし、1点、注意点もあります。

信用情報が守られるので、銀行の融資には影響がないというお話も聞きますが、現場の私の意見では、ファクタリングを実施することによって金融機関(銀行など)から融資が引き出しずらくなる事実はございます。

ので、そのデメリットもご理解された上でファクタリングの活用をされることをおすすめします!

メリット6. 取引先倒産による代金未回収リスクを回避できる

ファクタリングでは、取引先が倒産してしまったときのリスクをファクタリング会社が負担するという特徴があります。これも、ファクタリングの利用者にとって大きなメリットです。

万が一、取引先が倒産してしまえば、支払われるはずだった代金は入ってきません。売掛金が未払いになれば、自社の経営状況が一気に悪化する恐れもあります。

ファクタリングを利用すれば、特別な事情・契約の場合を除き、取引先の倒産による売掛金の未回収リスクをファクタリング会社が負わなければなりません。

ファクタリングで調達した資金を返還する必要がなく、取引先の倒産によるリスクを回避できるのです。

メリット7. 借金(借入)ではない

ファクタリングは借金ではありません。なぜなら、自社の売掛金をファクタリング会社に売却し、その売掛金の代金を前払いで受け取るからです。

これは売掛金を売却して資金を得る方法なので、借金を増やさずに事業資金を確保することが可能なもです。

メリット8. 第三者に知られず資金調達が可能(2社間ファクタリングの場合)

2社間ファクタリングを利用した場合、基本的に第三者には知られることなく資金調達できます。企業経営者の多くは、資金繰りが厳しいことを他者に知られたくないと考えるでしょう。

2社間ファクタリングであれば、資金調達したい企業とファクタリング会社の間だけの契約となるため、ひそかに資金調達ができるのです。

ファクタリングのデメリット7つ

ファクタリングには多くのメリットがありますが、利用するには注意点やリスクも知っておかなければなりません。

資金調達に失敗しないため、ファクタリングを利用する際の下記7つの注意点について解説します。

  • 手数料が高い
  • 回収・取り立てが厳しい
    (条件変更に応じてくれない)
  • 取引先の経営状況によっては利用できない
  • 資金繰りが悪化する恐れがある
  • 取引先にファクタリングの利用が知られてしまう
  • 悪徳業者に注意が必要
  • 銀行など金融機関からの融資に影響が出る

それぞれ、詳しく解説していきます。

デメリット1. 手数料が高い

ファクタリングの重要な注意点は、手数料の高さです。ファクタリング会社は売掛債権の未回収リスクを最小限に抑えるため、手数料を高めに設定しています。

2社間ファクタリングは売掛債権の10%〜30%程度、3者間ファクタリングは売掛債権の1%〜10%程度が手数料の相場です。

銀行などの金融機関から融資を受ける場合、金利は1〜3%となるため、最大金利の30%の手数料はかなり高いといえるでしょう。

デメリット2. 回収・取り立てが厳しい(条件変更に応じてくれない)

意外と見落とされがちですが、ファクタリング含めたノンバンク系のサービスは、銀行と比較して回収や取り立てが厳しいと言わざるをえません。

ノンバンクとは?

預金ができない(機能がない)金融機関のこと。つまり預金はできず、融資だけをやっている金融機関をノンバンクと呼びます。ノンバンクは「怪しい会社」と感じる方もいますが、銀行とノンバンクは役割の違いなだけであって、全く怪しい会社ではありません

さらに、ノンバンクは「貸金業法」に沿って運営している金融機関であり、「銀行法」に沿って運営される銀行とは法律においても違いがあります。

ノンバンクは「ビジネスローン」「消費者金融」「信販」「リース」「不動産専門ローン」「ファクタリング」など、多くの種類があります。

銀行は金融円滑化法の対象に入っているので、返済猶予(リスケ)への対応に柔軟です。

一方で、ノンバンクは金融円滑化法の対象ではありませんので、返済猶予(リスケ)に対応する義務がありません

そのため、万が一返済が難しくなった際に「銀行のように返済を待ってくれる」という認識を持っている方がいれば、知識をアップデートしておく必要があるでしょう。

デメリット3. 取引先の経営状況によっては利用できない

取引先の経営状況によっては利用できないことがある点も、ファクタリングで注意すべきポイントです。

ファクタリングは売掛債権の売買なので、万が一、取引先が倒産してしまえばファクタリング会社が損失を被ることになります。

そこで、ファクタリング会社は資金調達したい企業ではなく、取引先の企業の経営状況を審査対象にします。

これまでに代金の支払いが滞ったことがある、赤字決算が続いているといったことが判明した場合、ファクタリングを利用できないかもしれません。

デメリット4. 資金繰りが悪化する恐れがある

ファクタリングは売掛債権の期日前に資金調達できる便利な方法ですが、手数料が高すぎると逆に資金繰りが悪化してしまう恐れがあります。2社間ファクタリングの場合であれば、手数料は最大で30%程度と、かなり高額になることも珍しくありません。

手数料が高ければ、それだけ受け取れる資金が少なくなってしまいます。長期的に見ると、資金繰りがうまくいかなくなる恐れもあるでしょう。

ファクタリングはあくまで一時的な資金調達の方法を考え、繰り返し利用し続けるのは避けた方が無難です。

デメリット5. 取引先にファクタリングの利用が知られてしまう

取引先にファクタリングの件を知られてしまうリスクもあります。

ファクタリングを利用した資金調達は企業間の信用に影響を与えかねません。可能であれば、ファクタリングの利用を取引先に知られたくないと考える企業は多いはずです。

3社間ファクタリングは取引先も含めた契約となるため、ファクタリングの利用を隠すことができません。よって、取引先にファクタリングの利用を知られたくない企業は、2社間ファクタリングを選択することになります。

しかし、2社間ファクタリングは通常、債権譲渡登記を行う必要があります。登記情報は基本的に、誰でも閲覧可能です。

社員以外の第三者が登記情報を閲覧する可能性は低いものの、取引先にファクタリングの利用を知られてしまうリスクは0ではありません。

悪質なファクタリング会社のなかには、取引先に債権譲渡通知書を送付するところもあります。ファクタリングを取引先に知られるリスクを軽減するため、信頼できるファクタリング会社を見極めましょう。

デメリット6. 悪徳業者には要注意

ファクタリングを利用する際は、悪徳業者に注意が必要です。ファクタリングはすぐに資金調達したい企業が利用するケースが多く、ファクタリング会社選びに時間をかけられないことも少なくありません。

残念ながら、そこを狙ったファクタリング業者が多く存在することも事実です。

短時間でファクタリング会社を選んでしまった結果、法外な手数料を取ったり闇金業者に遭遇してしまったりしたケースもあります。

トラブルを未然に防ぐためにも、ファクタリング会社は余裕をもって慎重に選びましょう。

デメリット7. 銀行など金融機関からの融資に悪影響が出る

2.「回収・取り立てが厳しい(条件変更に応じてくれない)」でお話しした理由から、ファクタリング(含めたノンバンク系サービス)で資金調達していると、銀行からの融資が非常に引き出しにくくなります。

会社の業績が悪くなり、リスケをお願いする際に、

銀行同士は調整しあってリスケ対応はするが、ノンバンク系は一切調整をしてくれない。

こんなことは良くあるケースです。

そのため、銀行に不利になるノンバンク系サービスを利用している会社に対して、銀行は安易に融資を行わない傾向があります。

売掛金の回収を優先するファクタリングでは、経営状況が悪くても売掛債権を購入してくれるのが一般的です。しかし、一般的な金融機関から融資であれば、会社の経営状況が審査に大きな影響を及ぼします。

そのため、赤字決算・債務超過・税金滞納状況では、普通は融資審査に通らず資金調達できないでしょう。そのため、金融機関から融資を断られた結果として、ファクタリングを利用する企業も多いのです。

ファクタリングの審査でよくある質問(Q&A)

ファクタリング会社が、審査で判断材料にする資料や情報はどんなものですか?

ファクタリング会社がよく使う資料や情報は下記の通りです。

提出が必要な資料

  • 請求書
  • 通帳
  • 本人確認書類
  • 決算書
  • 登記簿謄本

上記の資料から、あなたの会社の財務情報、登記情報、資金繰り状況、経営者の情報を取得して、審査の判断材料にしています。

ファクタリング会社が独自に参照する情報

どちらも調査会社(対象企業の財務情報〜定性情報までを調査して、情報提供している会社)です。コチラでは、あなたの会社ではなく売掛先の会社の信用情報を閲覧します

ただし、各ファクタリング会社によって審査基準も、審査材料も大きく異なりますので、詳細は各社に問い合わせるのが1番確実です。

ファクタリング会社は、個人信用情報(CICやJICC)の照会はしますか?

結論、ファクタリング会社は個人信用情報の照会はおこないません

なぜなら、ファクタリングは法人に対しての資金調達サービスではありますが、「個人ローン商品ではない」ため個人の信用情報を必要としないからです。そのためファクタリングは、経営者個人が金融ブラックな状態であっても活用ができるサービスです。

即日資金調達できるファクタリングの中でも審査が甘い業社はどれですか?

」「」は比較的審査の成功率が高くなっています

は、審査通過率93%と非常に高い通過率です。目安とされている90%以上に達しているため、甘めに審査している傾向があるのでしょう。また、比較的利用しやすいように検討してくれるため、審査が通りやすい可能性もあります。

は、フリーランス・個人事業主向けのファクタリング会社です。手続きは、すべてオンラインで完結でき、オンライン面談や電話ヒアリングがありません。そのため、比較的審査が通りやすくなっている可能性があります。

審査なしで即日資金調達できるファクタリング業社はありますか?

審査なしで即日資金調達できるファクタリングは、基本的にありません

ファクタリングは、償還請求権が発生しません。そのため、売掛金や倒産してしまった場合、売掛金をファクタリング会社が回収できなくなってしまいます。また、サービス利用者の債権が不良債権の可能性を判断できないため、基本的にファクタリング会社では審査を行います。

審査がないファクタリング会社があれば、怪しい業者の可能性が高いため、注意が必要です

ファクタリングの入金スピードはどれくらいですか? 

ファクタリングの入金スピードは、最短で即日、長くても3日以内に入金されるサービスが多いです。主な資金調達手法である「銀行融資」や「ビジネスローン」「消費者金融」などと比べて、ファクタリングは長くても3日と速く入金してもらえます

また、ファクタリング会社によっては、土日を含む24時間365日対応の会社もあります。資金調達をお急ぎの場合は、入金スピードを確認してから利用するようにしましょう。

即日入金できるファクタリング業社の比較は慎重に!

ファクタリングは便利な資金調達の方法ですが、自社に合ったファクタリング会社と種類を慎重に選ばなければなりません。手数料はもちろん、審査スピードや、提出書類の多さ実績・評判なども考慮して、優良なファクタリング会社を選びましょう。

もしファクタリング選びに迷った際には、下記のサービスから比較して活用することがおすすめです。

ファクタリング比較軸(重要)

  1. 手数料
    →最低手数料率も重要だが、最大手数料にも注目
  2. 必要書類
    →少ないほど、手続きが楽
  3. 買取可能額
    →大きいほど、多額の資金調達可能
  4. 入金スピード
    →早ければ早いほど良い
おすすめのファクタリング比較マップ(中小企業の融資代行プロ)

◆ おすすめの即日入金ファクタリング業者

※比較表は、横にスライドすることができます >>

スクロールできます
サービス名\ オススメ!! /

おすすめ度

(5.0 / 5.0)
\ オススメ!! /

おすすめ度
(5.0 / 5.0)


おすすめ度

(4.5 / 5.0)


おすすめ度
(4.0 / 5.0)


おすすめ度

(3.5 / 5.0)


おすすめ度

(3.0 / 5.0)


おすすめ度
(3.0 / 5.0)


おすすめ度
(3.0 / 5.0)


おすすめ度

(2.0 / 5.0)


おすすめ度
(2.0 / 5.0)

QUMEN(クメン)
QUMEN(クメン)
おすすめ度
(1.5 / 5.0)


おすすめ度
(1.0 / 5.0)
手数料 2.0%~12.0% 2.0%~12.0%1.0%~14.8%2%~
(上限不明)
1.5%~10.0%1.0%~9.5%1.0%~15%1.2%~10%3.0%~10.0%10%1.5%~
(上限不明)
2.0%~20%
必要書類請求書
通帳コピー
請求書
通帳コピー
決算書/確定申告書
請求書
通帳コピー
請求書
通帳コピー
決算書/確定申告書
申込書
請求書
通帳コピー
本人確認書類
請求書
通帳コピー
決算書/確定申告書
本人確認書
通帳コピー
決算書(直近)
請求書
申込書
登記簿謄本
印鑑証明書
決算書
請求書
登記簿謄本(法人)
本人確認書
請求書
本人確認書類(初回のみ)
請求書
本人確認書類
通帳コピー
請求書
本人確認書類
通帳コピー
審査
通過率
非公開93.3%70〜98%非公開非公開98%90%以上非公開非公開非公開90%以上92.2%
買取
可能額
無制限30万~上限無無制限30万~上限無30万~上限無10万~上限無30~5,000万円100万~上限無1~1000万円最大100万円15万円~1億円30万円~1億円
入金
スピード
最短2時間最短2時間最短2時間最短2時間最短3時間最短30分最短即日最短当日最短当日最短10分最短2時間最短24時間
対象法人
個人事業主
法人
個人事業主
法人
個人事業主
法人
個人事業主
法人
個人事業主
法人
個人事業主
法人
個人事業主
法人
個人事業主
法人
個人事業主
個人事業主法人
個人事業主
法人
個人事業主
2社間
ファクタリング
3社間
ファクタリング
特徴書類でスピード入金!老舗&大手で安心事業再生も手掛ける大手「認定支援機関最速2時間で現金GET!バランスが良い。経営改善支援も可
全国対面対応もできる
運営者は国認の「認定支援機関」非営利団体超スピード入金!手数料も業界最低水準他社からの乗り換えも可能!土日祝日でも対応可能!出張対応もOKあんしんのGMOグループ!損害賠償保険付き超入金スピード! 個人事業主に特化土曜も審査回答・入金可能!建設業物流業に強い
公式HP公式サイト >
ファクタリング比較表

※本ページは金融庁中小企業庁経済産業省等公的機関、日本貸金業協会全国銀行協会等金融団体、その他、各銀行・ビジネスローン・クレジットカード等金融商品の公式サイトを元に、公正・公平に比較し記事制作しています。
※本ページは可能な範囲にて正確な情報掲載を目指しておりますが、その内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本ページで紹介されている金融商品のお申し込みは、ご自身で各Webサイトをご確認の上、ご判断をするようお願いします。
※本ページのコンテンツ内容は、専門的・客観的な知識や経験に基づく執筆・編集体制の元、信憑性のあるクチコミ・体験談を収集しています。
※本ページでは、本事業運営費用の確保を目的とし、広告配信を導入しています。なお、掲載される広告商品・サービスの概要・比較・評価等情報は、客観的事実に基づいたもので、利益関係による優遇等は一切ありません。

おすすめの即日ファクタリングをプロが比較した

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

GMOサイバーセキュリティ byイエラエが
このサイトの不正アクセス対策をサポートしています。

目次