【比較】個人事業主におすすめビジネスローン5選!「資金調達のプロが厳選」

個人事業主におすすめのビジネスローン

ビジネスローンの説明はいいから、おすすめのビジネスローンだけ先に教えて!

こんな忙しい方は、まず筆者が厳選した「おすすめビジネスローンの比較表」をご覧ください。

個人事業主向けおすすめのビジネスローン比較表

ビジネスローン比較軸(重要)

  1. 金利
    →最低金利も重要だが、最大金利にも注目
  2. 必要書類
    →少ないほど良い(手間が少ない)
  3. 限度額
    →最大融資額だけでなく最小額も注目
  4. 返済期間
    →長いと資金繰りは楽だが、条件は厳しい
  5. 融資実行までの期間
    →短いほど良い
スクロールできます
5年 / 最長

おすすめ度
★★★★★
PayPay銀行ビジネスローン
PayPay銀行
※口座開設が必要
おすすめ度
★★★★


おすすめ度
★★★★

プロミス
プロミス
おすすめ度
★★★

アコムアコム
おすすめ度
★★
商品名事業者向け
ビジネスローン
ビジネスローン無担保融資個人事業主カードローンビジネスサポート
カードローン
特徴Webで完結
最低金利が軽め
ネット銀行の低金利
銀行系で審査厳しめ
最大2,000万円プライベート資金にもOK繰り返し利用OK
金利3.1%~18.0%1.8%~13.8%10%~15%6.3%~17.8%12.0%~18.0%
限度額50~1,000万円最大1,000万円30~2,000万円最大300万円最大300万円
返済期間5年/最長自由3年/最長6.9年/最長8.7年/最長
融資スピード最短即日最短即日
(銀行系のため
実際即日は厳しい)
最短即日最短即日最短即日
提出書類本人確認書類
決算書/確定申告書など
事業実態の確認資料
所得証明資料など
本人確認書類
登記簿謄本
決算書・確定申告書
印鑑証明 など
運転免許証
パスポート
健康保険証
マイナンバーカード
※通知カード不可
特別永住者証明書など
本人確認書類
直近1期分の「確定申告書B(第一表)写し」(収受日付印押印)
※限度額が100万円を超える場合は以下も必要。
青色申告の場合
直近1期分の「青色申告決算書(写し)」
白色申告の場合
直近1期分の「収支内訳書(写し)」
公式HP公式サイト >公式サイト >公式サイト >
個人事業主向けビジネスローン比較表

————<解説記事はココから>————-

個人事業主でビジネスローンを検討している方では、こんなことにお悩みではありませんか?

事業拡大したいが、資金が足りない…。個人事業主でも審査が厳しくないビジネスローンはないのかな…?

個人事業主だから審査に通らないかも。審査が甘いところなら、安心して申し込めるのに…。

早急に資金が必要!審査が厳しいと時間がかかるから、審査が甘いところを知りたい…。

銀行の融資審査に落ちてしまったので、普通の資金調達は難しいかも。審査が甘いところはないかな…?

審査が甘いビジネスローンをいくつか比較して、自分に合うビジネスローンを見つけたい。

ビジネスローンは、信用力が弱い個人事業主が手軽に融資を受けられる便利な資金調達手段です。

一方で、個人事業主が使えるビジネスローンは少ないのが現状です。なぜなら、個人事業主は法人と比較して信用力が低いため、ビジネスローン業者が融資にあまり積極的ではないからです。

筆者は「中小企業の融資代行プロ」という資金調達サービスで経営者をご支援する中で、たくさんのビジネスローン選びをご支援してきました。

記事の筆者
「岡島光太郎」の写真
岡島 光太郎

著者プロフィール

これまでの支援実績
個人事業主 / 創業後スグの1人法人 / 売上300億の法人
資金調達額「100万円」〜「5億円」
幅広い会社規模 / 資金調達額 / 資金調達手法を経験

本記事では、個人事業主におすすめのビジネスローンを紹介します。また、個人事業主のビジネスローンの使い方も解説しますので、ビジネスローンの比較・検討のヒントにしてください。

結論、ビジネスローンの金利は少し高いですが、審査は甘いと言えます。そのため、数百万円までの少額資金調達であれば、ビジネスローンを選択肢に入れるのはオススメです。

目次

【個人事業主向け】ビジネスローンおすすめ5選

個人事業主向けおすすめのビジネスローン比較表

個人事業主がビジネスローンを活用する場合、下記の5つの比較軸をチェックするべきです。

ビジネスローン比較軸(重要)

  1. 金利
    →最低金利も重要だが、最大金利にも注目
  2. 必要書類
    →少ないほど良い(手間が少ない)
  3. 限度額
    →最大融資額だけでなく最小額も注目
  4. 返済期間
    →長いと資金繰りは楽だが、条件は厳しい
  5. 融資実行までの期間
    →短いほど良い

また、個人事業主向けにおすすめのビジネスローンは、以下の5つです。

スクロールできます
5年 / 最長

おすすめ度
★★★★★
PayPay銀行ビジネスローン
PayPay銀行
※口座開設が必要
おすすめ度
★★★★


おすすめ度
★★★★

プロミス
プロミス
おすすめ度
★★★

アコムアコム
おすすめ度
★★
商品名事業者向け
ビジネスローン
ビジネスローン無担保融資個人事業主カードローンビジネスサポート
カードローン
特徴Webで完結
最低金利が軽め
ネット銀行の低金利
銀行系で審査厳しめ
最大2,000万円プライベート資金にもOK繰り返し利用OK
金利3.1%~18.0%1.8%~13.8%10%~15%6.3%~17.8%12.0%~18.0%
限度額50~1,000万円最大1,000万円30~2,000万円最大300万円最大300万円
返済期間5年/最長自由3年/最長6.9年/最長8.7年/最長
融資スピード最短即日最短即日
(銀行系のため
実際即日は厳しい)
最短即日最短即日最短即日
提出書類本人確認書類
決算書/確定申告書など
事業実態の確認資料
所得証明資料など
本人確認書類
登記簿謄本
決算書・確定申告書
印鑑証明 など
運転免許証
パスポート
健康保険証
マイナンバーカード
※通知カード不可
特別永住者証明書など
本人確認書類
直近1期分の「確定申告書B(第一表)写し」(収受日付印押印)
※限度額が100万円を超える場合は以下も必要。
青色申告の場合
直近1期分の「青色申告決算書(写し)」
白色申告の場合
直近1期分の「収支内訳書(写し)」
公式HP公式サイト >公式サイト >公式サイト >
個人事業主向けビジネスローン比較表

結論、1番オススメなのはAGビジネスサポートの「事業者向けビジネスローン」です。

ビジネスローンは審査がありますので、必ず借りられるものではありません。

しかし各社で独自の審査基準がありますので、片方が通らなくても、もう一方は通るということがあります。そのため、融資実行までのスピードを上げるのであれば、まずは複数サービスに審査を依頼することがおすすめです。

ただし、無担保ローンを1ヶ月に4社以上申し込みをしてしまうと「申込ブラック」という扱いを受けてしまい、その他の資金調達に影響が出てしまいます。4社以上には申請しないよう、冷静に対処しましょう。

1. AGビジネスサポート「事業者向けビジネスローン」

AGビジネスサポート

(出典:

AGビジネスサポートの「事業者向けビジネスローン」は事業者が必要な時に必要なだけ利用できるビジネスローンです。

申し込みから融資までWeb完結で実行できるため、急に資金が必要になった時に役立ちます。

利用者からは「スムーズに借入ができた」と喜びの声が多く、ビジネスの資金調達に役立つビジネスローンとなっています。

商品名事業者向けビジネスローン
運営会社AGビジネスサポート株式会社
融資額50~1,000万円
金利5.0%~18.0%
年会費無料
融資のスピード即日融資OK
Web完結

2. PayPay銀行「ビジネスローン(個人事業主)」

PayPay銀行

(出典:PayPay銀行

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)の「ビジネスローン(個人事業主向け)」は起業仕立てでも借りられるビジネスローンです。

銀行系のビジネスローンですが、ネット銀行ならではのスピード感で資金調達ができます。

PayPay銀行のビジネスローンを利用するためには、ビジネス用口座を開設する必要があります。

ネットで簡単に申込ができるほか、金利も低めに設定されているため金利負担を抑えたい個人事業主の方におすすめです。

商品名ビジネスローン(個人事業主向け)
運営会社PayPay銀行株式会社
金利1.8%~13.8%
融資額最大1,000万円
融資のスピード最短即日
Web完結

3. オージェイ「無担保融資」

オージェイ

(出典:

オージェイ「無担保融資」は、最大2,000万円の資金調達ができるビジネスローン商品です。

無担保融資以外にも、不動産担保ローンやファクタリング、診療報酬融資など多彩な商品を持っています。

状況に合わせて柔軟な資金調達をしたい個人事業主にピッタリなサービスです。

商品名無担保融資
運営会社株式会社オージェイ
融資額30~2,000万円
金利10.0%~15.0%
年会費無料
融資のスピード即日融資OK
Web完結

4. プロミス「自営者(個人事業主)カードローン」

(出典:プロミス

プロミスの「自営者(個人事業主)カードローン」は最大300万円まで利用できるビジネスローンです。

利用限度額以内であればいつでも入出金が可能です。

事業資金に限らず、プライベートな資金にも利用いただけるなど、幅広い用途にご利用いただけます。

商品名自営者(個人事業主)カードローン
運営会社SMBCコンシューマーファイナンス
金利6.3%~17.8%
融資額最大300万円
融資のスピード即日OK
Web完結

5. アコム「ビジネスサポートカードローン」

(出典:アコム

アコムの「ビジネスサポートカードローン」は最大300万円まで利用できる個人事業主向けのビジネスローンです。

最短即日の融資が可能なので、急な出費に役立ちます。

利用限度額内であれば繰り返しご利用できるので、事業の用途に合わせた資金調達が可能です。

商品名ビジネスサポートカードローン
運営会社アコム株式会社
金利12.0%~18.0%
融資額最大300万円
融資のスピード最短即日
Web完結

個人事業主向けビジネスローンを【目的別で比較】|金利、融資スピード、融資額など

筆者がおすすめのビジネスローン5つを、今度は下記の比較軸別でランキングします

ビジネスローン比較軸(重要)

  1. 金利
    →最低金利も重要だが、最大金利にも注目
  2. 必要書類
    →少ないほど良い(手間が少ない)
  3. 融資実行までの期間
    →短いほど良い
  4. 限度額
    →最大融資額だけでなく最小額も注目
  5. 返済期間
    →長いと資金繰りは楽だが、条件は厳しい

金利で選ぶなら、「PayPay銀行ビジネスローン」です。

スクロールできます
商品名金利必要書類融資スピード限度額返済期間公式HP
 1位 
PayPay銀行
PayPay銀行
1.8%~13.8%2種類
(基本)
即日最大1,000万円自由公式サイト >
 2位 

3.1%~18.0%2種類
(基本)
即日50~1,000万円5年/最長
 3位 

10%〜15%4種類
(基本)
即日30〜2,000万円3年/最長
 4位 
プロミス
プロミス
6.3%~17.8%5種類
(基本)
即日最大300万円6.9年/最長公式サイト >
 5位 
アコムアコム
12.0%~18.0%5種類
(基本)
即日最大300万円8.7年/最長公式サイト >

金利で選ぶなら「PayPay銀行ビジネスローン」

PayPay銀行

(出典:PayPay銀行

必要書類数で選ぶなら「AGビジネスサポート」「PayPay銀行ビジネスローン」

PayPay銀行

(出典:PayPay銀行

融資スピードで選ぶなら「AGビジネスサポート」

AGビジネスサポート

(出典:

最大融資額で選ぶなら「オージェイ」

オージェイ

(出典:

返済期間でで選ぶなら「Paypay銀行ビジネスローン」

PayPay銀行

(出典:PayPay銀行

個人事業主向けビジネスローンを活用すべき「業種」、「利用シーン」

資金繰りに詰まったからといって、何でもかんでもビジネスローンを活用していいわけではありません

「事業が飛躍したり」「事業が再生する」ビジネスローンの活用の仕方には、一定の共有点があります。本章では、ビジネスローン向きの「業種」「利用シーン」をご紹介します。

ビジネスローン向き【業種・会社】

  • 建設建築
  • 飲食業
  • 小売業
  • 観光・旅館・ホテル業
  • 製造業
  • 卸売業
  • 食品業
  • システム受託開発
  • 医療・介護

ビジネスローン向き【活用シーン】

  • 不安定な資金繰りの補助
  • 契約から着金まで長いプロジェクトのつなぎ資金
  • 季節変動で売上アップダウンが激しい事業の「つなぎ資金
  • 着金までが長い補助金のつなぎ資金
  • 1000万円未満の「軽微な設備投資
  • 1000万円未満の「運転資金
  • 自転車操業ぎみの資金繰り解消

ビジネスローンの活用事例

ここでは、筆者が実際に中小企業の資金調達で「ビジネスローン」を活用して成功した、生々しい事例を2つご紹介します。

どちらも「取引銀行から融資を断られた」ところからスタートした事例となりますので、ご参考ください。

G社様(年商7,000万円 / 飲食事業者)

お客様の情報
創業:2019年
業界:飲食店運営及び、有名アトラクション機器整備
年商:5,000万円
従業員数:5名
資金使途:運転資金

ビジネスローン活用の背景
・既存銀行からは3,400万円の借入がある状態で、借入過多状態
・資金繰りも逼迫しており、運転資金500万円が不足状況であった
・税理士の会計処理により代表者貸付(赤字を隠すため)が大きく膨らんでいる状況
・代表者貸付が膨大なため、既存取引銀行から借入が困難に

活用結果
・調達金額:500万円
・当面の資金繰り逼迫は回避
・現在は、銀行融資を受けられる状態まで事業再生中

S社様(年商5,000万円 / 社会福祉事業者)

お客様の情報
創業:2015年
業界:保育園、およびデイサービス施設(重症心身障害児対象)
※合計5施設運営
年商:5,000万円
従業員数:50名
資金使途:運転資金

ビジネスローン活用の背景
・施設開所など初期投資の借入1億円がある状態で、直近決算が赤字
・しかし、当面の運転資金が1,000万円不足している状況であった
・直近で、組織変更(他の社会福祉法人に3事業所の事業譲渡)予定であった
・しかし、既存の取引銀行(信金・商工中金)から融資を断られていた
 ※「譲渡後の資金調達は可能であるが、譲渡前は出せない」と言われた

活用結果
・調達金額:1,000万円
・事業譲渡完了までの、十分な運転資金を確保

ビジネスローンとは「事業資金融資に特化した金融商品」

ビジネスローン 個人事業主 審査甘い

ビジネスローンは事業資金の融資に特化した金融商品です。

法人や個人事業主といった事業者が申し込めるローン商品となっています。

ビジネスローンの特徴は銀行からの融資(プロパー融資)よりも融資のスピードが速く、手軽に資金調達ができることにあります。

特に、短期の資金調達に最適な手段とされています。

ただし、ビジネスローンの利用には所定の審査が必要です。

ここでは、ビジネスローンの特徴や活用方法について紹介します。

事業融資を調達できる

ビジネスローンを利用する時に注意したいことが、用途が事業用に限られることです。

事業者の個人的な生活費など、事業に使われない用途では申し込めないため注意しましょう。

ビジネスローンでは所定の限度額以内であればいつでも事業資金を融資できます。

返済方法も柔軟に設定できるため、幅広い方法による資金調達に役立つでしょう。

事業資金として代表的なものが開業資金、設備資金、運転資金などです。

特に、開業当初は店舗の設備や従業員の採用教育費など、多くの事業資金が必要になります。

ビジネスローンを活用することで、これらの資金調達に役立つのです。

個人事業主も使える

ビジネスローンは個人事業主も利用できます

ただし、法人に限定されているサービスもあるため、利用条件を確認するようにしましょう。

多くのビジネスローンではビジネスローンを申し込む際に開業届の提出が必要です。

開業届とは個人事業主が事業を始めたことを税務署に届け出る書類です。

開業届を提出することで確定申告の際に控除(青色申告特別控除)を受けられるほか、ビジネスローンの申し込みやオフィスの賃貸などで提出を求められることがあります。

なお法人でビジネスローンを活用したい方は、下記記事で法人・個人事業主でも活用できるおすすめのビジネスローンを比較しています。ご参照ください。

総量規制の対象外

ビジネスローンは事業者向けの融資であるため、総量規制の対象外となります。

総量規制とは個人がお金を借りる時に貸金業者から借りられるお金の上限を定めている法律です。

具体的には、年収の3分の1を超える金額は融資できないように規制されています。

ビジネスローンは総量規制の対象外となっており、年収の3分の1を超える金額を借りられます

事業に必要であれば多額の融資を受けることも可能です。

ただし、金融機関の審査によっては多額の融資を断られることもあるため、注意してください。

審査は甘い?必ず借りられる?

ビジネスローンに「必ず借りられる」というものはありません

どんなビジネスローンを使う時も、必ず審査に通らなくてはなりません。

とはいえ、ビジネスローンの種類によって審査が甘いものが存在します。

次の項では、審査が甘いビジネスローンの種類や特徴について紹介していきます。

個人事業主向けビジネスローンの種類と、金利相場

ビジネスローン 個人事業主 審査甘い

ビジネスローンの種類は大きく分けて「銀行系」「信販系」「消費者金融系」です。

信販系と消費者金融系を合わせて「ノンバンク系」と呼ぶこともあります。

ビジネスローンの種類によって審査が甘いビジネスローンがあります。

中には即日融資も可能なビジネスローンもあるため、急は支払いで資金が必要な時に役立つでしょう。

審査の基準によって金利が変わります。

一般的に、銀行系のビジネスローンは審査が厳しい反面で金利は低めですが、ノンバンク系のビジネスローンは審査が(比較的)甘い代わりに金利は高めです。

種類融資スピード審査金利相場
銀行系数日~2週間普通1.0%~15.0%
信販系数日~2週間普通2.0%~18.0%
消費者金融系即日OK~(比較的)甘い5.0%~18.0%

銀行系ビジネスローン

銀行系ビジネスローンは銀行や信用金庫などの金融機関が発行するビジネスローンです。

厳格な審査基準がある一方で、金利相場が1.0%〜15.0%と、ビジネスローンの中ではリーズナブルな金利で資金を調達できることが特徴です。

ノンバンク系のビジネスローンでは「貸金業法」が法律の根拠となりますが、銀行系のビジネスローンでは「銀行法」が法律の根拠となります。

信販系ビジネスローン

信販系ビジネスローンはクレジットカード会社などの信販会社が取り扱うビジネスローンです。

銀行系ビジネスローンと消費者金融系ビジネスローンの中間的な立ち位置であり、銀行系よりも審査が甘い一方で、消費者金融系ほど金利が高くありません。

提携しているクレジットカードを持っていればショッピングでポイントが貯まりやすくなります。

消費者金融系ビジネスローン

消費者金融系ビジネスローンは主に個人向けの貸金業を行う消費者金融が取り扱うビジネスローンです。

即日融資や無担保・無保証人の貸出にも対応しているため、迅速な資金調達に役立ちます。

「審査が甘い」「融資までのスピードが速い」ビジネスローンをお求めであれば、消費者金融系のビジネスローンがおすすめです。

ただし、消費者金融系ビジネスローンの中にはいわゆる「ヤミ金」と呼ばれる違法な業者に注意しなければなりません。

このような違法な貸付を行う業者を判断するには、貸金業法に登録しているかどうかで判別できます。

貸金業法の登録は金融庁のサービスなどで確認できるため、法律を遵守している業者であることを確認しておきましょう。

参考:登録貸金業者情報検索サービス|金融庁

個人事業主がビジネスローン審査に通るポイント4つ

ビジネスローン 個人事業主 審査甘い

ビジネスローンの審査に通るポイントとして、以下が挙げられます。

  • 提出書類に不備がないか
  • 2年以上の事業実績
  • 融資金の利用目的
  • 金融事故がないか

ビジネスローンの審査では金融機関が「本当にこの人にお金を貸してもいいのか?」「本当に返済ができるのか?」ということをチェックされます。

貸倒れの心配がないこと、事業計画や返済計画は整っているのかどうかをチェックされるため、事前に準備をしておくとスムーズに審査に受かりやすくなるでしょう。

1. 提出書類に不備がないか

ビジネスローンの申し込みには所定の書類を提出する必要があります。

本人を証明できる書類や収入を証明できる書類を準備しましょう。

書類に不備があると本人の収入状況を確認できないため、審査に落ちる可能性があります。

【ビジネスローンの提出書類】
・本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカードなど)
・収入に関する書類(確定申告書、源泉徴収票、資金計画書、所得証明書など)

2. 2年以上の事業実績

ビジネスローンの申し込みには2年以上の事業実績が必要です。

2年以上の実績を証明するためには、決算書あるいは確定申告書が2期分あるはずなので、申し込みの際にこれらの書類を提出します。

3. 融資金の利用目的

ビジネスローンの申し込みには融資金の利用目的を明らかにする必要があります。

資金計画書を作成することで、融資金の利用目的や返済の目途を証明しましょう。

事業の内容を明らかにすることで返済の可能性が高いことを証明します。

3. 金融事故がないか

ビジネスローンの審査では金融事故がないかどうかをチェックします。

金融事故とは公共料金やクレジットカード支払いなどを長期間にわたって滞納することです。

事業者が金融事故を起こした場合、ビジネスローンの審査を断られる可能性があります。

金融事故を起こした場合、金融機関から信用情報機関に金融事故の履歴が登録されるため、金融機関は金融事故を起こしたかどうかを確認できる仕組みになっているのです。

個人事業主向けビジネスローンでよくある質問(Q&A)

会社が赤字でもビジネスローンで借りられる?

結論、赤字でも借りられる可能性は十分にあります。

通常の融資の場合、赤字決算になると融資を受けるハードルが一気に高くなります。しかしビジネスローンでは、「これまでの会社の実績」「手元の資金量」「その他独自基準」など、多面的で比較的緩い審査をしてくれるため、赤字決算の会社でも十分に借りられると言えます。

なお、ビジネスローンの中には、のように「赤字でも融資検討OK」と謳っているサービスもありますので、もし気になる方は、赤字でも検討可能と記載のあるビジネスローンを検討しましょう。

創業後スグでも、ビジネスローンは借りられますか?

創業後スグの場合は、事業実績が審査できないためかなりビジネスローンで資金調達をするのは難しくなります。

そのため、ビジネスローン会社では「創業後●年以上経過の場合」といった条件を提示しているものも多く、よっぽど返済の見通しがクリアでない限りは審査落ちをしてしまうことが多いです。

必ず借りられるビジネスローンはありますか?

結論、必ず借りられるといった魔法のようなビジネスローンは存在しません。

一般的な「銀行融資」や、エクイティと呼ばれる「ベンチャーキャピタルからの資金調達」よりも難易度が低いことは間違いありませんが、ビジネスローンでも審査をクリアしないと資金調達はできません。

財務状態が傷んでいても審査は通りやすいのですが、それでも貸す立場からすると「審査なし」「必ず貸す」といった姿勢で大切なお金を貸出することはできないのです。

銀行に融資を断られても、ビジネスローンは通る可能性はありますか?

結論、銀行融資を断られた方でも、ビジネスローンは十分に通る可能性があります。

ビジネスローンは、銀行とは違った独自の審査基準を持っています。そのため、銀行よりも多方面、かつ、緩い審査によって事業者の資金ニーズに応えることができるのです。

また銀行などの金融機関よりも緩く、かつ多方面で審査をしてくれるため金利が高く設定されているのです。

個人事業主でもビジネスローンは借りられますか?

個人事業主でもビジネスローンは借りられます。ほとんどのビジネスローンでは、対象者を「法人経営者」もしくは「個人事業主」としているため、個人事業主はビジネスローンを借りられる対象となっているのです。

なお、ビジネスローンによっては「法人だけ」「個人事業主だけ」と制限があるものが存在ますので、しっかり吟味してビジネスローン商品を選択してください。

ビジネスローンとファクタリングの違いはなんですか?

ビジネスローンとファクタリングでは、下記のような大きな違いあります。

ビジネスローン:「借入」のため、利息付きで返済義務がある
ファクタリング:「自社内の売掛債権の換金化」のため、返済義務はない

どちらも、資金繰りの改善効果はありますが、商品特性は大きく異なり、メリット・デメリットも違うため、慎重な検討が必要です。なお「ファクタリングの概要やおすすめサービスの比較」について解説している記事もありますので、ご興味がある方はご覧ください。

個人事業主は、ビジネスローンを有効活用しよう!

ビジネスローン 個人事業主 審査甘い

ビジネスローンは事業の短期的な資金調達に役立つローンサービスです。

法人だけでなく、個人事業主も利用できます。

ビジネスローンは融通が効きやすいため、個人事業主の資金調達に役立つ手段であるといえます。

また、利用限度額以内であればいつでも入金や返済ができるため、事業の資金繰りに役立ちます。

ビジネスローンの利用には所定の審査が必要なほか、金利を負担しなければならないことに注意が必要です。

ビジネスローンを活用して事業の資金調達に役立ててください。

個人事業主向けおすすめのビジネスローン比較表
スクロールできます
5年 / 最長

おすすめ度
★★★★★
PayPay銀行ビジネスローン
PayPay銀行
※口座開設が必要
おすすめ度
★★★★


おすすめ度
★★★★

プロミス
プロミス
おすすめ度
★★★

アコムアコム
おすすめ度
★★
商品名事業者向け
ビジネスローン
ビジネスローン無担保融資個人事業主カードローンビジネスサポート
カードローン
特徴Webで完結
最低金利が軽め
ネット銀行の低金利
銀行系で審査厳しめ
最大2,000万円プライベート資金にもOK繰り返し利用OK
金利3.1%~18.0%1.8%~13.8%10%~15%6.3%~17.8%12.0%~18.0%
限度額50~1,000万円最大1,000万円30~2,000万円最大300万円最大300万円
返済期間5年/最長自由3年/最長6.9年/最長8.7年/最長
融資スピード最短即日最短即日
(銀行系のため
実際即日は厳しい)
最短即日最短即日最短即日
提出書類本人確認書類
決算書/確定申告書など
事業実態の確認資料
所得証明資料など
本人確認書類
登記簿謄本
決算書・確定申告書
印鑑証明 など
運転免許証
パスポート
健康保険証
マイナンバーカード
※通知カード不可
特別永住者証明書など
本人確認書類
直近1期分の「確定申告書B(第一表)写し」(収受日付印押印)
※限度額が100万円を超える場合は以下も必要。
青色申告の場合
直近1期分の「青色申告決算書(写し)」
白色申告の場合
直近1期分の「収支内訳書(写し)」
公式HP公式サイト >公式サイト >公式サイト >
個人事業主向けビジネスローン比較表

※本ページは金融庁等公的機関、銀行・ビジネスローン・クレジットカード等金融商品の公式サイトを元に、公正・公平に比較し記事制作しています。
※本ページは可能な範囲にて正確な情報掲載を目指しておりますが、その内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本ページで紹介されている金融商品のお申し込みは、ご自身で各Webサイトをご確認の上、ご判断をするようお願いします。
※本ページのコンテンツ内容は、専門的・客観的な知識や経験に基づく執筆・編集体制の元、信憑性のあるクチコミ・体験談を収集しています。
※本ページでは、本事業運営費用の確保を目的とし、広告配信を導入しています。なお、掲載される広告商品・サービスの概要・比較・評価等情報は、客観的事実に基づいたもので、利益関係による優遇等は一切ありません。

個人事業主におすすめのビジネスローン

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次