【完全版】エクイティファイナンスでの資金調達!種類やメリット・デメリット

ベンチャー企業経営者A

これから会社を創業するので、資金調達を考えている。スタートアップやベンチャーは「エクイティファイナンス一択」だと思っているので、今のうちに内容を理解しておきたい。(仲間の経営者に聞くものいいけど…なんか気が引ける。)

ベンチャー企業経営者B

創業して10年ほど。今までは借り入れなどで順調に資金調達をしてきたが、今後はリスクの大きいエクイティファイナンスも検討したい。リスクの低い借り入れのようなデットファイナンスと比較して、何がメリット・デメリットなのか知りたい

会社の資金について1番考える中小・ベンチャー企業の経営者あれば、上記のような「悩み」や「モヤモヤ」はお持ちでしょう。会社をこれから創業する人も、既に利益が出ている事業を持っている人でも、会社の経営状態をよりよくするためにはあらゆる資金調達手法を知っておくことは重要です。

私は「中小企業の融資代行プロ」という資金調達サービスで経営者をご支援してきましたが、エクイティや融資のようなデットファイナンスを含めて「資金調達が上手な経営者」はほぼ全員、経営を安定かつ、堅実な経営を実現している傾向があります

記事の筆者
「岡島光太郎」の写真

著者プロフィール

これまでの支援実績
個人事業主 / 創業後スグの1人法人 / 売上300億の法人
資金調達額「100万円」〜「5億円」
幅広い会社規模で、資金調達 / 財務・資金繰りコンサルを経験

本記事は、エクイティファイナンスに需要がある経営者に向けて下記4について解説・アドバイスをするものです。

  • エクイティファイナンスの意味や活用法
  • エクイティファイナンスの種類
  • 「エクイティファイナンス」と「デットファイナンス」の違い
  • エクイティファイナンスのメリット・デメリット

この記事を読めば、あなたの資金調達の知識は他の経営者と比べても格段に上がります。

エクイティファイナンスを知っていおくと、こんなメリットがあります

● エクイティファイナンスのメリットを最大限、活かせるようになる
● 「自分は本当にエクイティファイナンスに向いているのか?」がわかる
● 日々の資金繰りの悩みや不安から解放される
● 銀行口座の残高を気にせず、資金を使いたいときに投資に回せる
● あなたの会社が安定するので、精神状態も安定する


銀行や日本政策金融公庫からの資金調達は、知識・経験もなしに「なんとなく」で進めると必ず失敗します。資金調達には金融機関の幅広い知見が必要で、成功には一定のノウハウが欠かせません。

「中小企業の融資代行プロ」は、成果報酬型で資金調達を支援するコンサルティング(代行)サービスです。これまで500件以上の資金調達のご相談を受けて「100万円〜5億円」「多様な資金調達方法」など、数多くの実績をあげてきました。

そんな我々に、資金調達の相談をしてみませんか?詳しくは資金調達サービスページをご覧ください。

「成果報酬型」資金調達支援サービスの詳細はコチラ

\「資金」も「気持ち」もグッと楽になる!! /

目次

エクイティファイナンスとは、「株式による資金調達手法のこと」

「知ってる?」と問いかけてる人エクイティファイナンス(Equity Finance)とは企業の資金調達方法の一種です。「エクイティ」とは、株式または株主資本のことを指します。

エクイティファイナンスは、企業が新たに「株式を発行することで事業に必要な資金を調達する」という手法なのです。株式を使った資金調達を行うためには、新しい株式を発行して投資家やベンチャーキャピタルなどに出資を募り、分配する必要があります。

企業はエクイティファイナンスにあたって、新株発行や転換社債型新株予約権付社債などの新株予約権付社債発行をします。

なお、エクイティファイナンスでプラスとなった資金は貸借対照表のバランスシートの資本の部に記載します。

エクイティファイナンスの大きな特徴は、金融機関や投資家に融資をしてもらうなどの方法とは違い、基本的に返済期限が存在しないことです。財務体質を強固にできるため、設備投資などを行うにあたって多額の資金があるときに有効です。

ただし、エクイティファイナンスでは新株を発行することになるため、既存の株の価値が下がってしまうのが一般的です。これによって株主が不利益を被ることを理解し、前もって臨時株主総会を開くなどの方法で十分な説明を行うことが肝心です。株主の理解を得ることができなければ会社の運営に悪い影響が出るおそれもあるため気をつけましょう。

エクイティファイナンスで資金調達、4つのパターン

4ピースの積み木のパズルエクイティファイナンスの手法には大きく分けて4つの種類があります。どの手法が向いているかは、企業の状況や現在の株価など、さまざまな要因に左右されます。まずはエクイティファイナンスの種類ごとに特徴をチェックしてみましょう。

1. 公募

公募においては、新株を時価または時価に近い株価で発行し、資金を調達します。そのため公募は時価発行増資と呼ばれることもあります。時価は新株を発行するときの株価をベースとして考えます。

価格決定から払い込みまでに起こる株価変動や投資家の需要動向を考慮しながら株式を決めていくのが一般的です。

公募を行うタイミングで自社の株価が高い水準にあれば、発行する新株の数がそれほど多くなくとも多額の資金を調達することができます。不特定多数の投資家から幅広く資金調達を募るのが公募の特徴です。

資金調達という目的を達成しながら株主層を拡大できるのが、公募の大きな魅力といえます。

2. 株主割当増資

株主割当増資とは、現在企業の株を持っている株主に対して新株を割り当てる権利を与える手法です。

新株の割り当ては株主が既に保有している株式数に応じて決められます。このとき、既存の株主は必ず「新株の申し込み」や「払い込み」をしなければならないということではありません。

株主割当増資はあくまで権利を与えるという方法のため、株主は株式の権利を新たに獲得するかどうかを自身で判断できます。申し込みをしなかったときには権利が失効するだけのため、株主にとってのデメリットはありません。

株主割当増資は、株主構成をあまり変化させたくないときに向いているエクイティファイナンスの方法といえます。ただし、株主割当増資における新株は時価より低い金額で発行されることがほとんどです。

3. 第三者割当増資

第三者割当増資は、株主割当増資と似た手法で行います。ただし、第三者割当増資では株主であるかを問わず、自社と関係のある第三者に広く割り当ての権利を付与します。

ここでいう第三者とは提携先企業の役員や業務提携先の社員、ベンチャーキャピタル、エンジェル投資家などを指します。第三者割当増資には取引先や業務提携先との関係性をより強固にできるという良さがあります。

第三者割当増資をきっかけに関係が深まれば、有用な情報提供を受けたりもしものときに協力関係を結んだりといった対応も期待できます。第三者割当増資によるエクイティファイナンスは、自社の株価が低くほかの増資方法が使えないときに選択されることがあります。

4. 転換社債型新株予約権付社債

転換社債型新株予約権付社債とは、転換社債を発行する方法で、Convertible Bond(CB)とも呼ばれます。

転換社債とは、一定の価格で発行する企業の株式に転換できる社債のことをいいます。新株予約の権利が付与されている社債を発行するため、株式としての要素も兼ね備えています。

転換社債を新株に転換するか社債としてそのまま保持するかは自身で判断できます。株式に転換した場合には、決まっている株価を上回れば大きな利益を得られます。

株式に転換しなかった場合には一般的な社債と同じように毎年利払いを受けられ、満期には額面の金額が償還されることになります。転換社債型新株予約権付社債は市場に大量の株式が出回るリスクがないため、株価への影響が比較的起きにくいという良さがあります。

「エクイティファイナンス」と「デットファイナンス」の違い

困ってる人たち

企業の資金調達にはエクイティファイナンスのほかに、「デットファイナンス」という方法もあります。

スクロールできます
デットファイナンス
(融資)
エクイティファイナンス
(出資)
調達方法金融機関や投資家から資金を借りる株式発行で資金調達
調達形態証書貸付
手形割引
手形貸付
当座貸越
社債 など
株式発行
優先株発行 など
経営関与
(口出しされるか)
なし
(口出しされない
あり
(口出しされる
調達の難易度
(負担)
一般的に低い一般的に高い
BS上の扱い負債に計上資本に計上
資金提供者から
求められること
返済株価上昇
資金提供者の
判断軸
返済可能性があるか事業の成長性・将来性
資金提供者の
利益
金利収入
(年1~2%前後)
配当
値上がり益
(株価10倍~100倍)
デットファイナンスとエクイティファイナンスの違い

表にも記載されているように、エクイティファイナンスとは、株式を発行することで資金を調達する手法です。これに対してデットファイナンスとは、金融機関や投資家から資金の借り入れを行うことをいいます。

エクイティファイナンスのエクイティとは株式または株主資本のことを、デットファイナンスのデットとは借り入れまたは負債のことを意味します。

デットファイナンスの場合、金融機関や投資家から借りたお金は返す必要があります。デットファイナンスを行ったときには企業は返済義務を負うことになり、会計の貸借対照表でも負債の欄に金額を記すことになります。負債の額が大きくなった場合には金融機関からの借り入れが厳しくなるなど、経営に問題が生じる恐れもあります。

エクイティファイナンスはデットファイナンスとは違い、資金調達を行っても負債に分類されることはありません。会計の貸借対照表においても、エクイティファイナンスの額は負債ではなく資本の欄に組み入れることが可能です。これによって、自己資本比率を増加させることができます。

エクイティファイナンスとデットファイナンスのどちらを選ぶべきかは、状況によって異なります。

一定額の借り入れをおこない返済していける見込みがあるのであれば、断然、デットファイナンスを行うのが最適です。さらにデットファイナンスであれば、第三者が経営に関与するリスクを軽減できます

しかし、借り入れたお金を返すのが難しい場合や担保を用意できない場合には、エクイティファイナンスを選んだほうがいいかもしれません。

エクイティファイナンスで資金調達するメリット4つ

パズルエクイティファイナンスのメリットとデメリットを下記の表にまとめました。

メリットデメリット
・返済義務がない
・資本を増やすことができる
・多額の資金を調達できる
・資本が増えることで大企業になるケースも
・経営に第三者が介入できるようになる
・既存の株主が離れてしまうことがある
・思ったほどの資金が集まらないことがある

まずは、エクイティファイナンスのメリットを4つ解説します。

エクイティファイナンスには、デットファイナンスを行うのとは違う多くのメリットがあります。特に、資金調達手段として安定している点や、資金調達後に企業の信頼度を高められる点は大きな魅力といえるでしょう。

1. 返済義務がない

企業が資金調達を行うときは、返済計画を考えておくのが一般的です。しかし、借り入れ原本に加えて利息も発生した場合、計画通りに返済が進まず金銭的なダメージを負う可能性があります。

エクイティファイナンスは株式を発行する手法のため、資金調達後に返済を行う必要がありません。資金調達の後にマイナスになる心配がないため、必要な資金を無駄なく確保できます。また、返済の負担なく業務に集中できれば、業績が伸びやすくなります。

2. 資本を増やすことができる

エクイティファイナンスは株式を発行して株主を増価させ、資本を増やすという手法です。そのため会計上は、負債ではなく純資産の部の資本金に表示されることになります。

資本金とは返済の必要がない運転資金のことをいいます。資本金が増えることは企業の財政基盤が強化されることにつながります。

自己資本率がアップすれば将来性があると認められ、ほかの企業や金融機関からの評価が上がりやすくなります。これによって、経営を有利に進めることが可能となります。

3. 多額の資金を調達できる

デットファイナンスを金融機関に申し込むときには返済能力や財源の余裕など、企業のあらゆるポイントをチェックされることになります。経営状態が思わしくない場合、理想的な金額の借り入れに至らないことがあるかもしれません。

エクイティファイナンスには、多額の資金調達がしやすいというメリットがあります。現在の株式の時価が高ければその分新株発行はやりやすくなります。

また、魅力的な事業に着手しており多くの投資家からの賛同を得ることができれば、エクイティファイナンスを行ったときに資金が集まりやすくなります。

4. 資本が増えることで大企業になるケースも

新株を多く発行することで資本を増やせば、中小企業から大企業へとグレードアップすることも可能となります。今後の経営拡大を狙うのであれば、エクイティファイナンスで資本を増やしていくのも有効な方法といえるでしょう。

ただし、資本が増えると中小企業の税制優遇が受けられなくなる可能性もあるため、どれだけ新株を発行するのかは注意深く見極めたいものです。

エクイティファイナンスで資金調達するデメリット

警告してる人エクイティファイナンスは良いことづくめのように思われますが、メリットがある以上、当然ながらデメリットもあるものです。資金調達を行うときには方策のメリットとデメリットの両方を把握し、慎重に計画を進めていきましょう。

ここからはエクイティファイナンスのデメリットについてご説明いたします。

1. 経営に第三者が介入できるようになる

エクイティファイナンスによって発行した新株を第三者が多く保有した場合には、株主構成が大きく変わってしまうことがあります。配当金支払いの方針や経営権に関する問題が生じるなど、企業の舵取りに大きな影響が及ぶことがあるのです。

エクイティファイナンスによって多くの第三者が経営に口を出すと、事業そのものがうまく回らず、停滞や内部分裂を起こす可能性も考えられます。エクイティファイナンスを行うときには、現在の経営者が自由に運営できなくなる可能性について十分に考えておきましょう

2. 既存の株主が離れてしまうことがある

新株発行のバランスによっては1株あたりの価値が大きく下落してしまうことになります。これは、もともと株を所有していたステークホルダーにとってはリスクにつながりかねません。

新株発行によって資金調達を行うエクイティファイナンスによってかえって株主離れが起きてしまうのは大きな損失です。エクイティファイナンスを行うときには新株発行のバランスを見極めることが大切です。

3. 思ったほどの資金が集まらないことがある

エクイティファイナンスには手間がかかるというデメリットもあります。会社法などの各種法律に抵触しないよう正しく手続きを進めたいのなら、専門の業者にサポートしてもらうのがおすすめです。

しかし、業者に頼んでコストをかけてエクイティファイナンスを行ったにも関わらず、思ったほどの資金が集まらないケースもあるものです。場合によっては金融機関から低金利で借りたほうが低コストになる可能性も考えられます。


銀行や日本政策金融公庫からの資金調達は、知識・経験もなしに「なんとなく」で進めると必ず失敗します。資金調達には金融機関の幅広い知見が必要で、成功には一定のノウハウが欠かせません。

「中小企業の融資代行プロ」は、成果報酬型で資金調達を支援するコンサルティング(代行)サービスです。これまで500件以上の資金調達のご相談を受けて「100万円〜5億円」「多様な資金調達方法」など、数多くの実績をあげてきました。

そんな我々に、資金調達の相談をしてみませんか?詳しくは資金調達サービスページをご覧ください。

「成果報酬型」資金調達支援サービスの詳細はコチラ

\「資金」も「気持ち」もグッと楽になる!! /

エクイティファイナンスで資金調達する「メリット」と「デメリット」を知り、正しく活用!

エクイティファイナンスとは、返済義務なしで多額の資金調達ができるシステムのことをいいます。ただし、エクイティファイナンスを行うときには重い責任が発生します。メリットだけでなくデメリットについても正しく知り、状況を見極めて決断することが大切です。

基本的にエクイティファイナンスは、企業の成長や利益の拡大が見込めるタイミングで行います。企業の今後の展望が開けた段階では、思い切ってエクイティファイナンスに踏み切るのもよいでしょう。

もしエクイティファイナンスも含めたくさんある資金調達方法から、「自社に適切な資金調達方法を模索したい方」は、資金調達代行サービスの「中小企業の融資代行プロ」にご相談(無料)ください。

中小企業の融資代行プロ」のサービスを活用すると、資金調達のプロ人材が、あなたに代わってあなたの会社に有利(ピッタリ)な資金調達方法を模索し、資金調達を代行してくれるので、あなたは資金調達業務から解放」されますよ


銀行や日本政策金融公庫からの資金調達は、知識・経験もなしに「なんとなく」で進めると必ず失敗します。資金調達には金融機関の幅広い知見が必要で、成功には一定のノウハウが欠かせません。

「中小企業の融資代行プロ」は、成果報酬型で資金調達を支援するコンサルティング(代行)サービスです。これまで500件以上の資金調達のご相談を受けて「100万円〜5億円」「多様な資金調達方法」など、数多くの実績をあげてきました。

そんな我々に、資金調達の相談をしてみませんか?詳しくは資金調達サービスページをご覧ください。

「成果報酬型」資金調達支援サービスの詳細はコチラ

資金調達をプロに頼って、資金も気持ちも楽になる!!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次