御社が融資取引すべき金融機関は●●?現在の取引が適正か、確認方法も解説

融資は『身の丈に合った銀行を選べ!』というけど、何を基準に判断すればいいのだろう?

中小企業だがメインの融資取引はメガバンクにしている。必要な額は毎回借りられるし、何か問題があるだろうか?

融資を受ける金融機関はどこでもよいわけではありません。良好な関係を築き事業を円滑に進めたいなら、対等に付き合える規模感の銀行を選びましょう。

今回は、預金額から銀行の規模を判断する方法と、融資を受けるべき金融機関の見分け方を解説します。

この記事を読めば、こんなことが実現できま

● 自社と規模感の合う金融機関が分かるため、金融機関から大切にされる関係性を築きやすくなります。
● 成長段階に合わせ融資先を変更するタイミングがわかり、事業のスムーズな運営につながります

自社にとって最適な金融機関を選びましょう。

目次

あなたの会社が融資を受けるべき銀行・金融機関とは?

銀行

自社が融資を受けるのに適した金融機関を知るためにも、まずは銀行にどのような種類や特色があるか理解しましょう。

金融機関は大きく分けると、「政府系金融機関」と「民間金融機関」の2つがあります。

日本政策金融公庫や代表とする政府系金融機関は、創業時融資などで利用するケースが多いでしょう。

民間金融機関は、下記の3種類に分類するケースが多く、それぞれ、成り立ちや融資対象者が異なります。

都市銀行

メガバンクとも呼ばれる。日本全国で営業を行い、大企業への融資が多い。

銀行法を根拠とし、株式会社形態のため株主利益が優先される。

参考記事>>>メガバンク(都市銀行)の融資に関する基礎知識を解説

地方銀行

第一地銀、第二地銀ともに、各地方都市を中心に営業を行う。地元中小企業や、個人事業主が融資対象者。

根拠法や形態は都市銀行と同じ。

参考記事>>>地方銀行の融資の特徴や都市銀行との違いを詳しく解説

信用金庫・信用組合

地方銀行よりも狭い、地域に根ざした営業を行う。地域専門金融機関であるため、小規模企業や個人に対しても親身に対応する傾向にある。

根拠法はそれぞれ、信用金庫法と、中小企業等協同組合法。どちらも非営利法人。

参考記事>>>信用金庫融資の審査基準や通るためのコツを分かりやすく解説

融資により関係を深められるような金融機関の選択が大切

以上のように一言に金融機関といっても運用目的や規模が異なるため、自社の事業規模に合っており、関係を深められる融資先なのか見極めが大切です。

自社の身の丈にあった金融機関は預金量で判断する

自社の規模感に合った金融機関は、銀行の“預金量”から判断できます。

売上高や利益ではなく、預金量に注目する理由としては、銀行は下記の仕組みにより成り立っているためです。

  • 一般市民からお金を預かる(預金業務)
  • 預金を個人や企業、国に貸し出す(融資業務)
  • 融資に対する利子は銀行の利益となる。また、預金者に対して利息を還元する。

預金量は銀行の発展に直結するため、規模を計るのに分かりやすい指標です。

預金量による金融機関の規模感の違い

では実際の銀行を例に、預金量から規模感の違いを見てみましょう。

下記は、日本を代表するメガバンク・地方銀行・信用金庫のおおよその預金額です。

銀行名預金量
三菱UFJ銀行158兆円
横浜銀行14兆円
横浜信用金庫1.7兆円

このように、預金量を実際に記入して見比べると、規模感の違いが明確になります。

地方銀行の預金量の確認方法

なお、中小企業と取引の多い地方銀行・信用金庫・信用組合の預金額は金融庁の「都道府県別の中小・地域金融機関情報一覧」から無料で確認が可能です。

参考:金融庁:都道府県別の中小・地域金融機関情報一覧

ただし、都市銀行の預金額は記載がないため、別途確認が必要です。

自社の融資額から考える適切な金融機関の判断方法

金融機関の預金量が分かったら、次に金融機関ごとの融資額を元にどこから融資を受けるとよいか判断します。

それぞれの金融機関が定める融資金額の目安は下記のとおりです。

金融機関融資金額
都市銀行(メガバンク)10億円以上
地方銀行1億円以上
信用金庫・信用組合5,000万円以下

融資規模と金融機関の規模が合えば、それだけ銀行との関係も良好に進めやすくなります。

自社の融資額と釣り合わない金融機関を選ぶ弊害

融資額と金融機関の規模が合っていない場合、どのような問題が発生するか解説します。

信用金庫に大規模融資を申し込んだ場合

先述の通り、預金額1兆円を超えるメガ信用金庫でも、銀行と比べると規模は10分の1程度です。

同じ1億円の融資でも、信用金庫と銀行では預金額に対する比率が異なるため、金額の重みが異なります。信用金庫側に融資に応じたい気持ちはあったとしても、慎重にならざるを得ません。

そのため、会社が成長しているのに小規模銀行のみに頼っていると、必要なときに十分な融資が受けられなくなる恐れがあります。

都市銀行に少額融資を申し込んだ場合

メガバンクに少額融資を依頼しても、良好な関係を築くことはほぼ不可能でしょう。そのため、プロパー融資のような有利な条件も引き出せなくなってしまいます。

たとえば、信用金庫からの融資であれば1,000〜3,000万円ので上客扱いとなり、今後の付き合いによってはプロパー融資につながる可能性もあります。

また、5,000万円クラスの融資取引であっても、信用金庫のエース級の人材(渉外・営業)があなたの会社の担当になることも。

しかし、1,000万円をメガバンクから借りていては、いつまでたっても制度融資(信用保証協会付き融資)しか受けられません。

さらに、制度融資には上限額が決まっており、メガバンクで使い切れば他行と良好な関係を築くチャンスを逃す事もありますし、何より、いざという時に制度融資が使えなくなり会社がピンチになります。

日頃、10億・100億クラスの融資取引をしている大企業を相手にしている銀行のため、少額融資で親身に相談に乗ってくれる可能性も極めて低いでしょう。

現在の融資先が適正か確認する方法

最後に、現在融資を受けている金融機関が適切かどうか確認する方法も解説します。

同じ金融機関と付き合い続けるのではなく、会社の成長段階に合わせて融資先を変更していくことも大切です。

事業の現状維持が続きそうな場合

今後1~2年の間に、事業規模の拡大などを見込んでおらず、現状維持が続きそうなら、先述した融資額と銀行規模を目安に適正かどうか判断しましょう。

適切であれば、有利な融資を引き出せるよう、良好な関係を続けることが大切です。

会社の成長が見込まれる場合

設備投資など、今後数年の間に会社の成長が見込まれるなら、大型融資を引き受けてくれそうな金融機関への融資も検討しましょう。

たとえば、今後1億円の資金が必要になるなら、信用金庫だけでなく、地方銀行からの融資も受けることをおすすめします。

現時点では身の丈に合っていない融資先だとしても、将来に控えている1億円の融資は、信用金庫より地方銀行の方が得意、かつ、融資交渉もスムーズに進むためです。
(信用金庫で1億円の融資はかなり厳しい審査、信用関係が必要です)

このように企業が成長する際は、融資先もステップアップする必要があります。

融資は自社の規模感とマッチした金融機関から受けることが大切!

創業融資の支援

良好な関係を構築できる融資先を選びたいなら、自社の希望する融資額と、銀行の規模感が合っているかを確認しましょう。

身の丈に合わない金融機関と取引をすれば、希望の融資額が受けられなかったり、有利な条件を引き出せなかったりする可能性もあります。 預金量から銀行の規模感を理解し、対等に付き合える金融機関を見つけましょう。

もし銀行とのお付き合いの方法も学びながら、たくさんある資金調達方法から「自社に適切な資金調達方法を模索したい方」は、資金調達(融資)代行サービスの「中小企業の融資代行プロ」にご相談(無料)ください。

中小企業の融資代行プロ」のサービスを活用すると、融資代行のプロ人材が、あなたに代わってあなたの会社に有利(ピッタリ)な資金調達方法を模索し、資金調達を代行してくれるので、「あなたは資金調達業務から解放」されますよ。


この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「元・都市銀行 / 地方銀行 / 信用金庫の銀行員」や、「元・日本政策金融公庫の方々」とともに、中小企業の資金調達プロ.comという、中小企業の経営者向けの銀行融資の代行支援のサービスを運営中。

今まで、中小企業・ベンチャー企業の融資やエクイティの資金調達に数多く携わった経験・実績があります。

新卒でリクルートに入社後、継続的なTOP営業に。営業責任者や企画職の責任者を歴任した後、ベンチャー2社でも営業責任者や新規事業責任者を経験した後に、独立・創業。

また、中小企業やベンチャー企業向け経営コンサルティング会社「株式会社Pro-d-use(https://pro-d-use.jp/)」の経営者の顔ももっています。

株式会社Pro-d-useでは、新規事業や事業再生を多く担当しており、資金調達を含めた財務やマーケティング、営業を中心にハンズオン型で支援しています。

目次
閉じる